産休中や育休中にお金借りたい!出産に掛かる費用ともらえるお金まとめ
今すぐお金借りる
今すぐお金借りる > お金を借りるための知識 > 産休中や育休中にお金借りたい!出産に掛かる費用ともらえるお金まとめ

産休中や育休中にお金借りたい!出産に掛かる費用ともらえるお金まとめ

子供を授かるうれしさと言ったら、言葉で表現できないほどのものです。

しかし病院に行きはじめ、今後のことを調べるとお金の心配が必ずと言っていいほど出てきます。

出産時に自治体からどれくらいお金が受け取れるのか、産休中や育休中にお金が足りなくなったらカードローンでお金を借りることはできるのか。そんな悩みを一つずつ解決していきましょう。

出産の前後に掛かる費用

まず、出産するにあたってどの程度のお金が掛かるのかをまとめてみました。

出産費用

出産に掛かる医療費は全額自己負担になります。自治体によって費用のばらつきはあるものの、1回の検診では3000円~10000円の費用が掛かり、出産までに10回~15回ほどの検診があります。

検診だけで合計6万円前後かかることになります。また分娩の際には42万円前後の費用(出産育児一時金の支給あり)が掛かります。

そのほか、里帰り出産となると交通費などがかかります。それらの費用をざっと見積もっても50万円前後となります。出産を考えている方は早めの準備が必要です。

ベビー用品の準備

出産に掛かる費用だけでなく、赤ちゃんを家に迎える準備も進めなくてはなりません。

ミルクやおむつ、肌着や衛生用品と大まかに考えていると、実際に購入するものの多さに驚いてしまいます。

外出で使うものやあやすのに使うおもちゃなど、また家庭の中での事故を防ぐための柵など、あれもこれもと必要なものが出てきます。

それ等の準備だけでも、合計10万円前後の費用が必要とのデータもあります。

そのほかの費用

出産に伴いお祝いをいただいたりすることでしょう。それらが費用の一部となり助かることもありますが、それ以上に出費は続きます。

まずお祝いに対しては内祝いとして半分返しが基本となります。またお宮参りやお食い初めなど、様々な行事が待ち受けています。

やり方は家族により違えど、これらの行事にも10万円前後の費用が掛かるというデータがあります。

自治体から受け取れるお金

何かとお金が掛かる出産や育児で頼りになるのが自治体からもらえるお金です。お金を受取るには申請が必要なものもあるので、忘れずに手続きを行いましょう。

出産育児一時金

出産育児一時金とは、次の条件を満たす場合、出産時に申請することで受け取ることができるお金のことです。

「被保険者やその家族が妊娠4ヶ月以上で出産したこと。」

この条件には早産や死産、流産なども対象に含まれています。
出産時に約42万円のお金がかかると書きましたが、産科医療補償制度に加入している産院での出産では42万円が返ってきます。

受け取り方法には直接支払制度と受取代理制度の2種類ありますが、基本的には産院へ直接42万円が支払われるので、退院時には42万円を超えた分のみ支払えばいいのです。

万が一申請を忘れてしまっても、2年以内であれば受け取ることは可能なので慌てず対応しましょう。産院でも紹介されるはずですが、知らずにお金がかかってしまったということが無いよう、忘れずに申請しましょう。

児童手当

 
子供を扶養している人が受け取ることができるお金が児童手当です。出産後各市町村に申請を忘れずに行いましょう。

受け取れる月額は、0~3歳未満は15000円、3歳~小学校修了は10000円(第3子以降は15000円)、中学校修了までは10000円と決まっています。

ただし所得制限がある手当になっていることや、支給月に違いがあるので各市町村に確認をしましょう。こちらは原則として申請が漏れた後にさかのぼって受け取ることができません。

育児休業給付金

育児休業を取得しても、給料の半分程は受け取れることを知っていますか。このお金が育児休業給付金になります。

こちらは事業主、つまり会社で手続きしてくれるところと、個人で手続きしなければならないところに分かれます。

個人で手続きする場合は管轄のハローワークが申請先となります。出産後1年の間、月給の約67%が支給されます。保育園に入園申し込みをしているにもかかわらず入園できないなどの事情がある場合は、1年6カ月まで延長して給付が受けられます。

医療費控除

妊娠と診断されてから掛かった医療費に対しては医療費控除が適用になります。この医療費には検診の費用はもちろん、通院に掛かった交通費、入院時の食費(病院で提供される食事)などにも適応されます。

領収書がなくても家計簿等しっかりとつけていれば申請は可能です。医療費控除は年末調整では受けられないので、必ず確定申告にて申請することを忘れないようにしましょう。

産休中や育児休暇中にお金が足りないときは?

自治体からお金をもらえるのは費用の一部に過ぎません。出産後で仕事もできない状態でお金が足りなくなったらどうすればいいのでしょうか。

産休中・育児休暇中にカードローンは利用できる?

産休中は安定した収入がないので基本的には利用できない

まず考えられるのがカードローンを使った借入れですが、産休中は現状収入がない状態なので、基本的にお金を借りることはできません。
これは貸金業法という法律で定められたものです。貸金業法では年収の1/3以上の融資を禁止しているので、収入がない状態では借りられません。
ただし、貸金業法とは別の銀行カードローンであれば借りられることもあります。これは個人信用情報によって貸付の判断をしているからでもありますが、収入がない状態でのカードローンは、審査が厳しいのが現状です。

配偶者に収入があれば借入れ可能

配偶者貸付制度を採用している金融会社では、借入れできる場合があります。
審査には配偶者の同意書や収入証明書が必要になります。借りられる金額にも制限があり、夫婦の年収の1/3までとなっています。
産休中ですと原則収入がないので、配偶者の年収の1/3ということになります。お金を借りると利息が発生するので、できることなら配偶者からお金を借りるという選択をした方がいいでしょう。

詳しくは、主婦でもお金を借りることはできる?を参考にしてください。

メルカリなどで不用品を売る

働くことが難しい状況でお金を得る方法として、メルカリなどを使うとお金を作ることができます。
これから赤ちゃんを迎え入れるのに家の中を整理してみてください。あると危険なものや、子供がいたら不要なものなど出てくることでしょう。登録なども簡単で気軽に出品できるのでお勧めです。

まとめ

出産は考えていたよりもお金がかかるものですし、出産の前後は働けないため収入が限られてしまいます。

赤ちゃんを迎える準備の一つとして、お金のこともしっかりと考えて準備しておくといいでしょう。