お金借りるときの理由や言い訳7つ!ベストな頼み方とは?
今すぐお金借りる
今すぐお金借りる > お金を借りるための知識 > お金借りるときの理由や言い訳7つ!ベストな頼み方とは?

お金借りるときの理由や言い訳7つ!ベストな頼み方とは?

急にまとまったお金が必要になった場合、「お金を貸してください」とお願いしなければいけない事があるかもしれません。

そんな時、どんな風にお願いすればより気持ちよくお金を貸してもらえるのでしょうか?

正直に理由を話すのもアリですが、もっと良い方法があります。

この記事に書かれている事を心がければきっとスムーズにお金を貸してもらえることができるでしょう。

お金を借りるときのベストな理由や言い訳とは?

緊急性を主張できるもの

相手に気持ちよくお金を貸してもらうための方法の一つは「緊急性がある内容を主張する」事です。もしお金を借りる理由に緊急性がなければ、「お金が準備できるまで待ったら?」と言われておしまいです。後日ではなく「今」お金が必要な理由を説明しましょう。

趣味や娯楽ではなく、生活するために必要なもの

言うまでもないことですが、お金を借りる理由として趣味や娯楽を挙げるのは持ってのほかです。そんな理由で借金を申し込めばお金を貸してもらえないだけではなく、あなたの人間性まで疑われてしまいます。
必ず生活するために必要な事と関連付けてお願いするようにしましょう。

同時にリアルな理由を告げるのも最低限のマナーです。相手に疑われるようないい加減な嘘をつくと不信感しか残りません。

お金借りるときの理由や言い訳7つ

それではここからはお金を借りるための具体的な理由や言い訳について見ていきましょう。
緊急性がある、または生活する上でどうしても必要であるという事をアピールしましょう。

1.冠婚葬祭などの出費

お金を借りる理由として「冠婚葬祭の出費が想定外に重なった」という理由は理解を得られやすい理由の一つでしょう。
冠婚葬祭のタイミングは自分でコントロールできるものではありません。特に結婚式であれば事前わかっていますが、お葬式は突然です。
そして冠婚葬祭はモラルとして「お金がなければ行かなければいいじゃん」とも言いにくいものです。それが重なってしまったとなれば「無駄遣いをしたわけではないんだな」と理解も得られやすいでしょう。

2.生活費(家賃・光熱費・水道代)が払えない

生活費が足りない、というのも合理的な言い訳です。その中でも家賃が支払えない、光熱費や水道代が支払えないというものは生活そのものに関わりますから、緊急性も高く比較的お金を借りやすい理由と言えるでしょう。
しかし家賃や光熱費という出費は事前にわかっているものです。ですからそれが支払えないというのは「計画性がない」という烙印を押されてしまう事は避けられないでしょう。

3.携帯代など通信費が払えない

以前は携帯電話と言えば贅沢品の代名詞であり、お金がないなら無理して持つ必要はありませんでした。しかし最近では固定電話を持たない人が増えています。そういった人たちにとって携帯電話は生活必需品であり、携帯を止められてしまうと死活問題といっても過言ではありません。
生活を立て直すために新しい仕事に応募するにしても携帯電話は必須です。ですから「携帯電話の代金が支払えない」という理由はお金を借りるキチンとした理由になりえるでしょう。

4.税金が払えない

納税は国民の義務であり、滞納すると様々な問題が発生します。そのため「税金が支払えない」というのもお金を借りる正当な理由になるでしょう。
しかしわが国では税金を支払えない人のために「減免」や「免除」と言った制度も用意されています。税金が支払えないことを理由にお金を借りようとすれば、まずはそういった手続きを行うように言われてしまう可能性もあります。

5.子供の学費が払えない

お子さんがいる家庭であれば、「子供の学費が支払えない」という理由を話せばお金を貸してもらえるかもしれません。
「子供をダシに使う」の典型的な例ですが、子供に罪はありません。特にお金を借りる相手が自分の両親の場合、「かわいい孫のためなら」と快く援助を受けることができるかもしれません。
日ごろから愛想よく振舞うように躾て、かわいい孫にしておくことは大切です。

6.車検費用が払えない

車を持っていると2、3年毎に一度必要となるのが車検の費用です。車検の内訳には税金が多く、どんなに安いところで済ませたとしても10万円程度のまとまったお金が必要になります。また車検の時に不具合が見つかることも多く、想定以上の出費になることも珍しくありません。「車検の費用は確保しておいたけれど、想定以上にお金がかかってしまった」というのは言い訳としてリアリティがあってよいでしょう。

7.車が故障した

最近は車を持たない人も増えているようですが、それでもまだまだ現代社会においてクルマは必需品です。車がないと生活に不自由するという人も多いのではないでしょうか?しかし壊れてほしくない時に限ってなぜか突然壊れるのが車というものですし、一度壊れてしまったらまとまったお金が必要になります。ですから「車が故障した」という言い訳はお金を借りる正当な理由になりえますし、理解を得られやすいでしょう。

使わない方がいい嘘の理由や言い訳

ここからは使わないほうがいい嘘の理由、言い訳について考えていきましょう。

美容整形

美容整形をしたいからお金を貸してほしい、というのは非常に良くない理由です。本人にとっては切実かもしれませんが、常識的に考えて整形は借金してまで行う事ではないでしょう。「自分のお金でしなさい」と言われて終わりですし、不誠実な人だと思われるでしょう。

身近な人の不幸

冠婚葬祭はお金を借りるよい理由になる、とお話ししましたが、身近な人の不幸をでっちあげるのはNGです。お金を借りるために生きている人を亡くなったことにするのはデリカシーがありませんし、もしバレてしまったらもう最悪です。これまで築き上げた信頼関係は一気に崩れることでしょう。

返済の目処が立っていないのに期間を指定する

お金を何とか貸してほしいがために、返せる当てもないのに返済期限を指定するのもよくありません。「この日までに返します」といえば相手はそれを信じます。もし返済できなかった場合、「借りたお金を返さない人」または「泥棒」というレッテルを貼られてしまう事にもなるのです。きちんと返済する気持ちはあるにも関わらず実現不可能な期日を指定してしまったがためにそのような目で見られるのは不幸なことです。

まとめ

今回は相手に気持ちよくお金を貸してもらえる理由、言い訳について紹介してきました。お金を借りる理由として大切なのは「緊急性」と「生活する上で必要であること」です。
お金を気持ちよく貸してもらうためには時として嘘をつくことも必要でしょう。嘘をつくことに抵抗があるかもしれませんが、相手に気持ちよくお金を貸してもらうために上手な嘘をつくのは大人としての最低限のマナーです。