クレジットカードでお金を借りる!キャッシング枠を使うメリットとデメリットとは?
今すぐお金借りる
今すぐお金借りる > お金を借りる方法 > クレジットカードでお金を借りる!キャッシング枠を使うメリットとデメリットとは?

クレジットカードでお金を借りる!キャッシング枠を使うメリットとデメリットとは?

「休日、しかも夜中にお金がどうしても必要になった!どうしよう」そんな緊急事態が起こったときに頼れるのが、クレジットカードのキャッシング枠(お金を借りる事が出来る枠)です。

クレジットカードには申し込みを行ったときにキャッシング枠も付けられていますが、普段利用した事のない方はショッピング枠とどのように違うのか不明な部分も多いでしょう。

クレジットカードにキャッシング枠、ショッピング枠との違い、利用の際のメリットデメリットについて解説します。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という二つの枠が設定できる仕組みになっており、

  • ショッピング枠は買い物が出来る枠
  • キャッシング枠はショッピング枠の中にある、現金を借りる事が出来る枠

になります。

例えばショッピング枠50万円、内キャッシング枠30万円のクレジットカードを持っているときのルールは、

1.ショッピング利用額が0~20万円なら、30万円まで現金でお金を借りる事が可能
2.ショッピング利用額が40万円なら、10万円しか現金で借りる事が出来ない

となります。
自身のショッピング枠、キャッシング枠、今いくら利用できるのかは利用明細書や会員ページから確認可能です。

キャッシング枠の金利は?

キャッシング枠を使ったとき、金利が発生します。
クレジットカードのキャッシング枠の金利はクレジットカード会社によって違いってきますが、大手クレジットカードのキャッシング枠の金利は以下のようになります。

〇三井住友カード(一般カード) 15.0%~18.0%
〇楽天カード 18.0%
〇JCBカード 18.0%

金利の設定はカードの種類や利用額により異なりますが、上限付近に設定されていることが殆どです。
金利はやや高めなので、キャッシング枠を使う時は、現金でなければ支払えないときなどに限定するようにしたほうがいいでしょう。

いくらまで借りれる?

クレジットカードで幾らまでお金を借りる事が出来るのか、多くの人が気になる部分です。
クレジットカード大手のキャッシング枠限度額は、

クレジットカードのキャッシング枠限度額
三井住友カード(一般カード)最大300万円
楽天カード最大90万円
三井住友カード(一般カード)最大100万円

となっています。

ただし、50万円以上借りる場合は『貸金業法』により収入証明書(源泉徴収票等)の提出が必要です。
大半の人はクレジットカードを作る時、収集証明書を付けていないでしょうから、利用できるキャッシング枠は『10万円~50万円』で設定されています。
今利用できる限度額は、持っているクレジットカードの利用明細書や会員ページから確認しましょう。

クレジットカードでお金を借りる方法は?

クレジットカードでお金を借りる
 
お金を借りるため消費者金融に申し込んだ場合は、『審査→本人確認→審査合格→ATMで引き出しや振込みで融資を受ける』流れになります。
クレジットカードのキャッシング枠利用は既に審査に合格している状態になっているので、

1.会員ページから銀行口座に振込み融資をしてもらう
2.銀行ATM・コンビニATMにクレジットカードを差し込み、暗証番号を入れて引き出す

事によって直ぐに利用する事が可能です。
銀行口座に振り込みをしてもらう場合、銀行の営業時間外では銀行が動いておらず時間をとられます。
深夜や夜間休日に借入を行いたい、急ぎの場合はATMから借入を行いましょう。

クレジットカードでお金を借りるメリットとデメリット

スピード感ある借入が行えるクレジットカードのキャッシング枠利用ですが、メリットとデメリットがそれぞれあります。
クレジットカードのメリット、デメリットを確認し、自身の借入方に合っているかチェックしましょう。

メリット

お金が必要なときにすぐ引き出せる

クレジットカードのキャッシング枠、最大のメリットはお金が必要なときすぐ引き出せる点です。
もともとカードについているキャッシング枠を利用するので、消費者金融のように新たな申込みをすることなくスムーズに利用することが出来ます。ご自身のクレジットカードを確認し、キャッシング枠が設定されていれば、提携ATMを使ってすぐに利用できます。

海外のATMが利用可能

海外旅行ではクレジットカードを使えるお店も多いですが、現金ゼロだとちょっと不安になりますよね。そんなときに使えるのが、海外キャッシングです。
 
カード会社によっては海外のATMからキャッシングで現地通貨を借り入れる事が出来ます。
 
海外キャッシングでは、空港や現地の為替交換所で通貨交換をしてもらうよりも、手数料や金利面でお得に利用可能です。
海外で現金が欲しい時、海外キャッシングに対応していないか確認してみてください。
 

デメリット

ショッピング枠を使い過ぎると利用枠が減る

上述したように、クレジットカードキャッシング枠はショッピング枠の中に設定されています。
 
ショッピング枠50万円(内キャッシング枠30万円)のクレジットカードで大きな買い物をして、ショッピング枠を40万円使うと、残り10万円しか借りる事は出来ません。
 

金利が高め

クレジットカードのキャッシング枠、使用するカードによって違いがありますが、大半の方は金利が利息制限法の上限あたり(実質年率18%まで)に設定されています。
 
大手消費者金融では初回30日間の無利息サービスが付く商品もありますが、クレジットカードのキャッシング枠ではそのようなサービスが付きません。
 
金利が高く、コスト高になるのはキャッシング枠のデメリットです。
 

利用してもポイントがつかない

ショッピング枠の利用では、0.5%~1.5%位のクレジットカードのポイントが付くのが一般的ですが、キャッシングでは殆どのクレジットカードでポイントがもらえません。
 
利用していてお得になる事が無いので、クレジットカードが使える消費にはショッピング枠を利用するようにしましょう。
 
 

クレジットカードでお金を借りる方法まとめ

クレジットカードのキャッシング枠、ショッピング枠との違い、メリット、デメリットについて解説してきました。
クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる方法をまとめると、以下のような特徴があります。

  • ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されている
  • 金利は15.0%~18.0%、限度額は30~50万円位までが一般的
  • 銀行振り込みや、銀行ATM、コンビニATMから借入可能
  • 24時間お金を引き出せる、海外キャッシングがお得で便利などメリットがある
  • ショッピングしすぎると利用枠が減る、金利が高い、ポイントがつかないデメリットも

 
クレジットカードのショッピング枠、スピードと利便性としては抜群で、短期間で返せる方にとってはコストも気にならず、使い勝手がいいでしょう。
 
お金がすぐ必要になったとき、消費者金融ではなく手持ちのクレジットカードのキャッシング利用を検討してみてください。