キャッシングの返済遅れや延滞には要注意|今すぐお金借りるなら
今すぐお金借りる
今すぐお金借りる > お金を借りるための知識 > キャッシングの返済遅れや延滞には要注意

キャッシングの返済遅れや延滞には要注意

お金を借りる方法に関係なく、お金を借りたら必ず行わなければならないのが返済です。
 
特にキャッシングの返済を期日までに行えず遅れたり、滞ってしまうと信用を失うばかりか追加で手数料が発生します。

毎月の返済額以上に費用が発生すると、返済計画に狂いが生じる原因になります。計画通りに返済を進めるためにも、スムーズな返済を心掛けましょう。

キャッシングの返済が遅れるとどうなる?

キャッシングでお金を借りた時は、決められた期日までに必ず返済を行わなければなりません。
もしも返済を遅延するとどのような事態になってしまうのか知っておきましょう。

遅延損害金の発生

返済が滞っている原因が何であろうが返済が滞ると返済期日の次の日から「遅延損害金」が生じます。
遅延損害金は、約20%という高い利息が遅延した日数分に掛けられる事になり、当然普通の返済金と一緒に払う事になります。

電話での連絡

遅延状況が続くと借入れ先の消費者金融等から本人に直接連絡が入ります。
連絡に関しては、最初は利用者のスマホや固定電話に電話連絡もしくはハガキなどで通知が届くと言われています。

督促状が届く

電話に出なかったり、返済もせずに音信不通の状況が継続すると、督促状が自宅に届いてしまう事になります。
 
自宅に郵便物が届くため、家族と同居している人はお金を借りていることがバレてしまう可能性が高くなります。
 
また、この段階になると、ブラックリスト入りしてしまってもおかしくありません。ブラックリスト入りしてしまった場合は、新規にクレジットカードを作ったり、お金を借りたりする事が5年はできなくなるので覚えておきましょう。

一括返済を求められることも

それでも返済金の捻出が出来ず、ずっと連絡に応えないでいると「悪意のある遅延」と判断され、今度は借金を一括で返す事を要求されてしまう可能性が高くなります。
 
さらに状況によっては裁判所を通じて差し押さえが行われることもあります。

キャッシングの返済が遅れた時にやるべきこと

お金を借りる時には、もしものことも想定しておかなければなりません。毎月、給料が入ったらすぐに返済に充てているから大丈夫と思っていても、いつ何時さらにお金が必要になり返済が出来なくなるかわかりません。もし、キャッシング利用時に返済遅延をしてしまったら、どのようにしたらいいのか知っておきましょう。
 

すぐにキャッシング会社へ連絡をする

やむを得ない事情によって、返済が滞ってしまうことも時にはあるかもしれません。もし、返済が遅れることが事前に分かっている場合には、早めに連絡を入れましょう。消費者金融によっては返済日を先延ばしにしてくれたり、返済方法について相談に乗ってくれるところがあります。怖がらずに相談をすると、キャッシング会社は柔軟に対応してくれます。会社にとっても、貸したお金を回収できないことは一番困ることだからです。
 

返済する意思があることを伝える

返済日を過ぎた後に返済が遅れていることに気がついた場合にも、そのままにせずすぐに連絡を入れましょう。返済が遅れてしまった理由と、いつ頃返済を再開できそうなのかを伝えましょう。少なくとも「返済する意思がある」ということを伝えておいた方があなたの心証がよくなります。
 
返済日を過ぎてしまったら、数日間の間に連絡を入れるようにしてください。2、3日程度の返済の遅延であれば、「遅滞」の扱いにならないことがほとんどです。そのまま放置すると、消費者金融の方から確認・督促の電話がかかってきます。この電話に出ない、支払い義務を放置するとあなたの印象が非常に悪くなります。
 
 

返済が遅れないようにするには?

返済計画をしっかり立て、自分は絶対遅れない!と自信がある人でも、気がついたら返済が遅れていたなんていうことがたまにあります。
 
対策としては、「毎月○日に必ずお金を返す(給与日など)」「返済日を通知してくれるサービスを使う」「口座振替でお金を返すようにする」などの工夫をする事を推奨します。

1.返済日を通知してくれるサービスを使う

大手消費者金融では返済日を通知してくれるサービスを行っている会社もあり、うっかり返済日を忘れがちな人には便利なサービスです。
また、スマートフォンのアプリや、スケジュール機能を使って返済日を登録ておくことも有効な手段です。
 
 

2.返済方法を口座振替に設定する

ATMでの返済は便利ですが、つい返済日を忘れてしまったり、忙しくてATMに行けず返済が遅れてしまうことも考えられます。
そこで返済方法を口座振替に指定しておけば、毎月の指定日に引落しが行われるため、口座にお金が入っていれば間違いなく返済が行えます。
口座振替での返済は

3.口座振替での返済は残高不足に注意する

返済を口座振替に指定している人でよくある失敗が、口座の残高不足によって引落しができないケースです。
 
口座振替での返済は自動的に引き落とされるので便利ですが、よく注意をしていないとこのようなことが起こります。また、お金は口座に入っているから大丈夫と思っていても、たまたま他の買い物の引き落としが重なってしまい残高不足に、ということもあり得ます。
 
引き落としがされていなかったことに気がついたら、その時点ですぐにローン会社へ連絡を入れましょう。毎月の返済日の後には、引き落としがきちんとされたかどうか、確認を怠らないことも大切です。
 
 

こちらの記事も参考にしてください

キャッシングで借りたお金をネット返済してみる