今すぐお金借りる
お金借りる > 生活福祉資金貸付制度 > 市役所(生活福祉資金貸付制度)でお金を借りる

市役所(生活福祉資金貸付制度)でお金を借りる

「収入が少なくて借りたお金に利息を加えて返済していくのは厳しい。」というような状況ではお金を借りることはできないものなのでしょうか。実は、そんな方には市役所でお金を借りる方法がおすすめです。それは公的機関が行っている「生活福祉資金貸付制度」という制度です。
 

この生活福祉資金貸付制度でお金を借りることが出来れば、金融機関よりははるかに低い金利もしくは金利ゼロという好条件でお金を借りることが可能です。知名度が低く、そんな話聞いたことがないという方も多い制度ですが知っておくことでいざという時に自分を助けてくれるかもしれません。
 

市役所の生活福祉資金貸付制度とは?

「生活福祉資金貸付制度」は、公的機関が行なっているお金の貸付制度です。貸付窓口は、各市町村の社会福祉協会となっています。この制度には様々な経済面での支援制度があり、ほぼ無利息で借りることができるのが大きなメリットです。しかし、審査に時間がかかるというデメリットもあります。
 

対象者は、高齢者世帯や障害者世帯、低所得者世帯などで、各世帯に必要な就職をする為の知識やスキルの習得にかかる費用、子供を学校への就学させる費用、親の介護費用などのお金の貸付を受けることが出来ます。
 

生活福祉資金貸付制度の特色

基本的に世帯の経済的な自立を目的とした制度ということを頭に入れておかなければなりません。カードローンのようにWEB完結で即日融資をして、自分の都合で追加でお金を借りれるようなお金ではなく、お金の支援や援助という制度だということを理解しておきましょう。
 

その為、ただ単にお金だけのやりとりではなく地域の民生委員の相談支援を必須としています。現在の生活を安定させて自立できるようにする為に、申込みの際には担当の民生委員に家庭の経済事情などを全部話して、自分が資金を必要としていることを理解してもらわなければなりません。その後、貸付を完済するまでも同じように民生委員の相談を受ける必要があります。
 

お金を借りるのにどんな種類があるのか?

生活福祉資金貸付制度は、利用者の状況に合わせた多くの種類がありますが、大きく分けると「総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金」の4つの種類に分けられます。
 

総合支援資金 生活の再建を目的とした費用の貸付
福祉資金 怪我や病気、災害などによる一時的な費用の貸付
教育支援資金 学校の入学や通う為に必要な費用の貸付
不動産担保型生活資金 不動産を担保にした生活資金の貸付

貸付の詳しい条件はコチラ⇒生活福祉資金貸付条件等一覧
 

まずは、この4つの中から自分に合った貸付制度がどれなのか。また、各貸付制度には細かな条件が設定されているのでその条件に自分が合っているのかということをチェックしましょう。また、キャッシングの審査と同じことですが、どうしても制度を利用したいからと条件に合わせて虚偽の申請を行うことのないように心掛けましょう。
 
キャッシングの審査について詳しく知りたいならこちらも参考にして下さい。⇒お金借りる際の審査は甘い?甘くない?
 

※各自治体で内容や決まりが異なる場合があります。詳しくは各自治体に直接確認して下さい。
 

生活福祉資金貸付制度を利用する前に

生活福祉資金貸付制度というのは、収入が少ない方やお金を借りることが出来ない方が利用する制度です。お金を用意することが可能な方は審査を通過することは難しいでしょう。ですから、制度の利用前に家族に相談したり、質屋を利用してお金を借りるなど、出来る限りの金策を行ってから利用を考えましょう。内容を理解した上で利用すれば、いざという時に市役所でお金を借りる事が出来るおすすめの方法です。
 
コチラも参考にどうぞ⇒お金借りるなら