今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる前に知っておきたいこと > ブラックリストって本当に存在するの?

ブラックリストって本当に存在するの?

キャッシングの利用には必ず審査を受ける必要があります。お金を貸す貸金業や金融機関は、借りたい人が提出した個人情報や契約する前の自己申告内容、家族構成、財産などあらゆる面から審査をしてお金を貸せるかどうかを決定します。その審査のひとつとして必ず信用情報というものが参照されます。
 

信用情報とは、その人の現在までのキャッシングやローンの利用履歴だと考えてください。例えば現在抱えている車のローンの内容や、これまでにきちんと支払日に払ってきたかという情報などが記録されており、キャッシングに関しては利用している件数、それぞれの限度額、また、現在いくら返済が残っていて、今でまで返済日を守ってきたかということも全てこれによって分かります。
 
CRINの仕組み
 

信用情報機関としては、消費者金融などの株式会社日本信用情報機構 (JICC) 、主にクレジットカードやローンの株式会社シー・アイ・シー(CIC)、銀行系の全国銀行個人信用情報センター(KSC)などが有名です。お金を貸す側はこの信用機関の会員となり、情報を預けたり閲覧したりできるようになります。さらにCRINという制度でお互いの事故情報(債務整理や自己破産など)の情報を共有しています。つまり同じ会員である企業なら、他のカード会社で踏み倒しなどをした情報は把握できるのです。
 

この信用情報に問題があると、それが原因でキャッシングの申込みが通らなかったり、既にキャッシングを利用中の場合も抱えているローンや他社へのキャッシングの支払いを延滞してしまうと、突然追加での融資が下りなくなるようなことになってしまいます。キャッシング会社は契約後も信用情報を常にチェックしているのです。
 

ブラックリスト入りとはどういう状態?

キャッシングの返済遅延はもちろん住宅ローンの返済や、クレジットカードの精算を滞らせたことなどにより、
信用情報が悪化し、とてもこの人にはお金は貸せないと判断されてしまうことを俗に「ブラックリスト入り」と呼びます。
 

つまり、ブラックリストというものが存在する訳ではなく、信用情報が極端に悪い人のことをそう扱っているということです。ブラックと判断するのは個々のキャッシング会社や信販会社などの信用情報を参照する業者側なので、明確なブラック入りの基準というものがある訳ではありませんが、主に現時点で3ヶ月以上に渡る支払いの延滞があったり、債務整理をして5年以内の場合はそう判断されてしまうことがほとんどです。
 

信用情報には直近の約5年分の情報が記録されています。支払いの延滞によってブラックと扱われている場合、それを解消しない限りブラックのままですが、債務整理をした場合は約5年が経過すれば原則的にブラックだと扱われることはなくなります。
 

また、ブラックとまではいかなくても、信用情報にこれまでに3ヶ月以上の延滞をした記録が残っていたり、短期間に何度も支払いを遅延した記録があると、キャッシング会社によってはそれを問題視し、ブラック同様の扱いを受けてしまうことがあります。延滞中でなければ安全だという訳でもありません。
 

お金を借りる時に神経質になることはない

このような信用情報機関には、キャッシングの利用記録が払い続けた良い情報も延滞した悪い情報も掲載され全てチェックされています。しかし、返済期日などキャッシングのルールをきちんと守って利用していれば当然何も問題にならないので神経質になることはありません。キャッシングを利用しているということは人からお金を借りているということをしっかり自覚して利用しましょう。
 
キャッシングの基本的な知識を知りたい方は「お金借りるなら知っておくべきこと」も参考にしてみて下さい。