今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる前に知っておきたいこと > フリーターはキャッシングできるのか

フリーターはキャッシングできるのか

雇用形態の多様化もあって、フリーターとして勤務をして収入を得ているという方も多くなっています。どうしても収入が正社員などに比べると少ないことが多いために、予期していない出費ができると、なかなか対処の難しいのが実情といえます。常日頃は生活のことをかなり意識していたとしても、予期していない出費が突然できると、すぐに準備ができずにとても困ることになります。
 
フリーターの仕事
 

そんな時に助けになるのがお金を借りることのできるキャッシングです。しかし、キャッシングでの借り入れには当然審査がありますし、もし万が一断られるようなことがあればその結果が信用情報機関に残ってしまいます。その為、お金を借りたくても審査対象としては不利な職業であるフリーターという立場でキャッシングを申込んでいいのか悩んでしまいます。しかし、結論からいうとフリーターでもキャッシングの利用は可能です。ただし、継続的な収入があるかが大きなポイントで、キャッシング業者に収入証明書の提出のできるような継続的な仕事に就いている必要があります。短期や日雇いのアルバイトを繰り返していては、返済能力が十分とは見なされないこともあります。
 

フリーターのキャッシングの特徴

フリーターでお金を借りる場合、気になるのはどこでお金を借りたらいいのかということではないでしょうか。審査の厳しさという面からも、一般的な正社員でも審査に落ちてしまう可能性のある銀行カードローンよりも、審査の通りやすさから消費者金融をオススメします
 

フリーターでも条件が揃えばキャッシングは可能なのですが、どうしても収入が少ないだけに借り入れの融資額が低く設定されることがあります。また、消費者金融での借入れの場合は、総量規制の対象となり年収の3分の1までのお金しか借入れできないことからも借りれる金額は限られます。つまり、年収消費者金融で年収180万円のフリーターが100万円借りたいと言っても不可能なのです。
 

また審査における属性も決していいとはいえないので借り入れ金額対する金利も高めに設定されてしまいます。実質年率が4%〜18%と書かれている場合は18%で借り入れすることになるのがほとんどでしょう。つまり、金利が高い分、返済期間が長引くと返済額がどんどん膨れあがります。早期での返済を計画しましょう。
 

フリーターでも審査に落ちてしまう理由とは

フリーターでも安定した収入や継続した仕事をしていれば誰でも審査に通るのかと言えばそうではありません。フリーターでも他の職業の方と同じように「すでに他社に借り入れが数件ある。事故情報がある。」など審査が不利になるようなことがあると審査に落ちる可能性があります。
 

先まで視野に入れた借り入れを心掛ける

急にお金の必要な時にキャッシングは重宝します。決してフリーターだけのことではありませんが、必要以上の金額を少しでも借りると、返済に利息が加わり返済に時間がかかってしまい大変な思いをすることになります。お金を借りたいという一心にならずに、慎重に返済計画をたてて、いつまで返済をいくら続けることになるのかしっかりとシミュレーションするようにしましょう。
 

フリーターでも主婦や学生でキャッシングを利用しようとされている場合は、「主婦でもお金が借りられる?」「学生がお金借りるなら気を付けたいこと」も参考にしてみて下さい。