今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる前に知っておきたいこと > 彼氏や彼女とのお金の貸し借り

彼氏や彼女とのお金の貸し借り

彼氏や彼女からお金を借りるという事はけして稀なことではありません。しかし、同じ近い関係ではありますが家族や友人からお金を借りるのとは違う問題があります。カップル同士の関係は人それぞれなのでウチの場合は関係ないと思うこともあるかもしれませんが、永遠の愛を誓っても別れてしまうのが男と女です。気を付けましょう。
 

関係が悪化した時に揉める

カップル間でお金がらみの揉め事はよくある話です。貸した、借りたで揉めます。交際がうまくいっているなら、さほど揉めることはないでしょう。ですが、交際がうまくいかなくなった時にお金の貸し借りがあると、それが縁の切れ目になるかもしれません。交際が終わる原因には、たとえばどちらかの気持ちが冷めた、浮気したなどがありますが、お金の貸し借りという事もあるのです。
 
家族にお金を借りる
 
現に、自分は昔の交際相手にお金を貸しました。しかし、そのお金はいくら待っても返してくれる様子がありません。そこまでの金額ではありませんでしたが、当時学生だったときを考えれば、約半月分のバイト代でした。貸した私も悪いのですが、お金を借りる方は、大袈裟かもしれませんが一筆書くくらいしたほうがいいでしょう。口約束ではいつになってもお金が返ってこないかもしれません。借りる方は、必ず返すという気持ちを書面にしましょう。大事な人から大切なお金を借りるのです。「お金貸して。」の一言で借りてはいけないと思いましょう。
 

別れた後のことも考える

お金の貸し借りは別れの原因になりますし、別れたあとにも付きまとう問題になり兼ねます。貸した方は別れてもお金を返してもらい続けなくてはいけません。たとえもう関係をなくしたいと思っても、お金を返してもらいたければ、返済しきるまで何らかの関係が続きます。お金を借りた方も、たとえもう好きではなくなった相手だとしても、お金の返済だけの関係は続きます。お互いにとって煩わしいものでしかありません。それならば、はじめからお金の貸し借りはしないのが一番です。
 
もしカップル間でどうしても借りなければいけない、貸さなければいけないといった時には、借りた後の先のことをよく考えてお互いに納得してから貸し借りをして下さい。
何となく貸した、借りたで先々後悔しないようにしましょう。
 

もしも、彼氏や彼女ではなく家族や知人からお金を借りることを考えているなら「家族や知人からお金の援助」を参考にしてみて下さい。