今すぐお金借りる

家族や知人からお金の援助

キャッシングを利用する前の金策方法として考えられるのが、家族や知人からの援助です。人によっては、一番話しやすくお金を借りやすい方法ともいえるかもしれません。
 
家族にお金を借りる
 
しかし、自分に近くてお互いに信用しているからこそ注意しなければ、他人からお金を借りるキャッシングには無い、後に引きずるような失敗をしてしまう可能性があります。
 

自分から返していくことが大切

キャッシングでお金を借りることと違い、家族からお金を借りてしまうと安心感や甘えなどから中々お金を返さない人が多いのではないでしょうか。キャッシングであれば決まった日に決まった金額を返済していかなければなりませんが、家族などであればそういった決まりはありません。ですがそうした関係に甘えてしまいいつまで経っても返済しないのは、お互いの信頼関係に傷を作るキッカケにもなります。
 
例えば、親にお金を借りても特に催促されることはなかなかありませんが、もし成人していたり働いているのであれば、一度に全額の返済は無理であったとしても給料が入ったら少しずつ毎月返していくことを約束することで印象が違ってきます。そしてその約束を破らずに、少しずつでも返済していくことが自分自身にとっても意味のあることになるでしょう。
 

金の切れ目が縁の切れ目

友人に頼んでお金を借りた経験がある方もいると思いますが、金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように、血のつながりのある家族以上にお金を借りたことでトラブルになりやすいので注意が必要です。
 

トラブルにならない為に確認すべきこと ・いくら借りるのか
・利息の有り無し
・いつまでに返済するのか

 
友人からお金を借りる際には、トラブルを引き起こさない為にも借りた金額や利息の有無、返済日などを記載した契約書や借用書を作成しておくことが有用と言えます。自分から借りる事への信憑性を提示する事で、友人も安心して貸してくれる可能性が高くなります。書面を作成することが難しい場合には、両者にとって利害関係のない友人等にお金の受け渡しの現場に立ち会ってもらうということも有効ではないでしょうか。
 
どんなに仲が良いとしてもお金を借りるという行為は信頼関係の上に成り立っていますので、しっかりといつまでに返済するのかを最初に決めることが大切です。それは金額の大小にかかわらず人として最低限のマナーです。そしてなかなか返せない場合でも必ず相手に事情を話して、少しずつでも返していったり、返済を遅らせてもらったりときちんと話すことが大切です。
 

逆に家族や知人に知られずにお金を借りたい方は「内緒でこっそりお金を借りるには」を参考にしてみて下さい。