今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる前に知っておきたいこと > 引越しでお金を借りるその前に

引越しでお金を借りるその前に

新生活には引越しがつきものです。初めての引越しなら、引越し業者に提示される見積もりも見て驚いてしまうことも多々あります。数万円の費用がかかることはザラで、遠距離の引っ越しになると10万円以上の費用が必要になることもあります。そんな時にお金を借りると費用を確保できますがその前に引越し費用を出来るだけ抑える方法を考えてみましょう。
 
引越し
 

引越し費用をできるだけ抑えるポイントは2つあります。ひとつは引越しの時期を繁忙期からずらすということです。どうしても新生活を始める人が多い4月にむけて、3月は繁忙期になります。繁忙期の引越し費用はどうしても高額になってしまいます。この時期をずらすことで、各種割引キャンペーンなどを実施する引越し業者も多くなります。繁忙期が終わった引越し業者は、競争が激しくなります。繁忙期はなにもしなくてもお客は集まりますが、閑散期はお客の取り合いになります。一社だけの見積もりではなく、2,3社の見積もりをもらい交渉することで、大きな割引を受けることができます。
 

二つ目は引越し業者を使わずに、レンタカーを借りて自分で引越しをしてしまうことです。レンタカーを利用すれば、引越し業者を使うより費用を抑えることができます。
といってもやはり、多くの引越し作業を自分でやらなければいけないので、時間にゆとりが必要です。ただ、自分でレンタカーを借りて引っ越しをすることで、できるだけ荷物を減らそうとします。
 

1往復で引越しを終わらせようと思うと、沢山のものを捨てることができます。モノを減らすきっかけとしてもレンタカーで引っ越しをすることはおすすめです。注意点は、やはり引越しの繁忙期はレンタカーも借りれなくなってしまうことです。早めからの予約をしておくことがポイントとなります。また、なれない車を運転することは事故率も上がります。必ず各レンタカー業者の用意する免責保証制度に加入しましょう。
 

賢く引越しをする
 

引越し費用を賢く借りる

いくら引越し費用を抑えることができたとしても、引越しにお金が必要なことには変わりません。引越し費用だけでなく、新たな家に入居する敷金礼金、仲介手数料が発生します。それだけでなく、新たに家具を新調したりすることもあるでしょう。
 

こういったときに利用したいのが、銀行や消費者金融からのキャッシングです。「引越し費用のため」という理由がはっきりとしているため、審査も比較的通りやすくなります。キャッシングの申し込み書類には必ず、借入理由を記入する欄があります。ここに「引越し費用のため」と理由を忘れずに記入しましょう。
 

今回は引越し時の費用を、キャッシングする前提でご紹介していますが、これは他の理由があるときも同じです。利用目的を適当に書くのではなく、明確に記入することで「フリーローン」などでも審査を通りやすくすることができます。また、目的に合わせたキャッシングが用意されていることもあります。自動車の購入費用なら「カーローン」、結婚資金なら「ブライダルローン」などがそれにあたります。
 

自分の利用する理由にあったキャッシングを選択することにより、審査が通りやすくなるだけでなく、金利が「フリーローン」に比べて下がるなどのメリットもあります。目的がはっきりと決まっているなら、こういった目的別ローンの取り扱いのある銀行や消費者金融を探しましょう。
 

もっと審査のことについて詳しく知りたい方は「お金を借りる際の審査ってどんなもの?」も参考にしてみて下さい。
 

フリーキャッシング 一時的な資金不足による利用
目的別ローン 引越しや結婚式費用など目的を絞った利用

 

最後に目的別ローンとしてお金を借りた場合には、そのお金を別の用途で使用したりしないようにしましょう。もしその利用が知られてしまった場合、契約違反となって一括での返済を求められることもあります。借りたお金は借りた目的のみで利用するように心掛けましょう。