主婦でもお金を借りることはできる?
お金借りる > お金を借りる方法 > 主婦でもお金を借りることはできる?

主婦でもお金を借りることはできる?

主婦は収入が少ないからお金が借りられないと思っている人が意外と多くいるのですが、主婦でもパートなど仕事をしていて収入が安定していればお金を借りることが出来る可能性があります。いまは共働きの夫婦も多いでしょうからパートで働いてるという方はちょっとお金に困ったという時にキャッシング利用は可能かもしれません。
 

主婦がお金借りるには
 

では、自分の収入がない専業主婦の場合はどうでしょうか?収入がないと、お金を借りることはできないのでしょうか?実は専業主婦の場合でも、「配偶者貸付制度」を利用しお金を借りることが可能です。
 

総量規制とその例外とは?

「総量規制」とは、個人がキャッシングやカードローンでお金を借りる時、借り入れの総額をその人の年収の3分の1に制限する決まりです。返済不能になるほどの高額な借り入れを防ぐためにこの規制が施行されました。
 

ただし、この総量規制には例外があり、結婚している場合は配偶者と合わせた世帯年収の3分の1までをが借り入れ金額の上限になります。専業主婦がお金を借りる場合にはこの例外に当てはまり、世帯年収の3分の1までお金を借りることができるというわけです。ただし、この制度を利用するには配偶者の同意が不可欠です。
 
総量規制について詳しく知りたい方は「総量規制と上限金利について」も参考にしてみて下さい。
 

銀行カードローンを利用する方法は使えない!?

銀行・信用金庫からの融資、カードローンは以前まで総量規制の対象外と言われてきました。銀行各社に貸し付けの条件は決められていましたが、その条件に合えば総量規制に引っ掛かってしまうような主婦でもお金を借りることが出来ていました。
 
銀行カード
 

総量規制にかからずに、低金利で安心の銀行カードローンからお金を借りることが出来たので「主婦がお金を借りるなら銀行カードローンがおすすめ!」とまで言われてきました。
 

しかし、2017年に日本弁護士連合会から銀行カードローンも他のカードローンと同じく総量規制の対象にすべきと指摘があったことから、銀行各社のカードローンで年収の1/3以上の貸付を行わないという自主規制が広まり、主婦は銀行カードローンでお金を借りにくい状況となってしまいました。
 

配偶者貸付でお金を借りたいなら

配偶者の同意があれば、収入がない主婦でも世帯年収の3分の1までお金が借りられます。注意点は、配偶者に借金があると、その分配偶者貸し付けの上限額も下がることと、この制度を利用してお金を借りるには、夫婦関係を証明する必要があるということです。
 

住民票、戸籍などで証明しなければならないので、籍を入れていない内縁関係だとお金を借りることはできません。また、配偶者に知られずにお金を借りることもできないので、夫に知られるとまずい、という人は利用しない方が良いでしょう。
 

主婦でも即日融資でお金を借りることが可能

パートなどで安定した収入があれば、配偶者に知られずキャッシングができます。大手消費者金融では、女性専門のレディースキャッシングというサービスを展開しています。女性が安心して利用しやすいように配慮されており、女性オペレーターに繋がる専用ダイヤルも設けられています。大手消費者金融ということもあり即日融資に対応している場合もあります。男性オペレーターには話しづらい、不安だと思う人や初めての利用の人も安心して利用できますね。
 
キャッシングをする前に知っておいてほしいこと⇒今すぐお金借りるところを考える
 

レディースキャッシングのオススメポイント ・夫(配偶者)に内緒で借りられる
・接客は女性が対応
・女性の対応なので相談しやすい
・窓口でも女性が対応してくれる