今すぐお金借りる
お金借りる > お金借りる知識 > クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードでお金を借りる

お財布の中にクレジットカードは何枚ありますか?Tポイントや楽天ポイント等を貯めている方ならクレジットカードを使用せずに所持しているだけという人も多いのではないでしょうか。そんなクレジットカードはポイントを貯めたり、ショッピングのために使う方が多いと思われますが「キャッシング」利用としてクレジットカードでお金を借りることもできます。
 

キャッシング枠でお金借りる
 

クレジットカード申込みの際、キャッシング枠に貸金業法に基づいて告知されます。ですから、申込時には必ず認識しているはずなのですが、クレジットカードを入手したあとは、その存在を忘れている方も多いかもしれません。ショッピング枠とは別に、キャッシング枠の設定されたクレジットカードの場合、キャッシング枠の範囲内で借り入れをすることができます。
 

ただし、完全に別枠ではなく、ショッピング額と合わせた利用「総枠」の設定があり、それを越えない範囲で借り入れが可能です。お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がない場合、カード会社に連絡しますと、お金を借りれるか審査をしてくれます。審査に通ればキャッシング枠が付きますので、いざというときに便利です。
 

クレカでキャッシングをするメリットとデメリット

消費者金融 クレジットカード
新たな申込みの必要
海外でキャッシングできる

 
クレジットカードでお金を借りる場合のメリットとしては、もともとカードについているキャッシング枠を利用するので消費者金融のように新たな申込みをすることなくスムーズに利用することが出来ます。
 
また、クレジットカードのキャッシング枠は、特に海外キャッシングにおいて威力を発揮します。海外で、まったく現金を持たずに行動するのは不可能ですから現地通貨を調達することになります。
 
海外旅行
 

その際、海外キャッシングは、両替など他のあらゆる方法と比較して、簡便さ、レートの有利さにおいて最も優れている方法です。海外だけではありません。キャッシング枠があれば、新たに申し込むことなく、いつでも現金が入手できるというメリットは、銀行や消費者金融のカードローン商品にはみられない点です。
 

いいことばかりではありません。まず金利です。ほとんどのクレジットカードでお金を借りる場合には、金利が利息制限法の上限、18%に設定されています。銀行カードローンよりは高く、消費者金融とはほぼ同じです。返済サービスについては、まったく便利ではありません。キャッシング一回払いの場合、金利を付けたくないのですぐ返済したいと思っても、ATMでは受け付けてもらえません。キャッシングリボ払いの場合、提携ATMで随時返済はできますが、全額の返済はできません。
 

またキャッシング枠は、金融機関にローンを申し込む際には、限度額がそのまま「借入残高」として判断されます。いざという時にキャッシング枠が足かせになることがあります。使う可能性がないなら、キャッシング枠はむしろカード会社に連絡して廃止してもらう方法もあります。
 

クレジットカードのポイント還元率を比較

クレジットカードを利用するならば出来るだけお得なカードを選択したいものです。そんな時によく比較されるのが「ポイント還元率」です。クレジットカードの利用によってポイントが還元されるというは当たり前の時代です。しかし、そのポイントに還元される際の還元率はカードによってさまざまなのでよりお得なカードを選択する必要があります。
 
ポイントの還元なんてたいして変わらないのではと思っている方もいるでしょう。しかし普通の還元率が0.5%くらいに対して2倍〜4倍もの高還元のクレジットカードがあるんです。クレジットカードは契約すると何年も利用するものです。そうなるとポイントの還元も軽視することが出来ません。
 
ポイント高還元のカードとして有名なのが「楽天カード」「Yahoo!JAPANカード」等の大手WEBショッピングサイトでもポイントが貯まるカードです。私も両方のカードを持っていますが毎月何かをショッピングサイトで購入して、コンビニ利用時に提示するなどしているだけでも結構ポイントが貯まります。
 
ただし、ポイント高還元とは言っても「いつも自分が利用する」ということを中心に考えないと失敗します。高還元というだけでカードを作って利用する機会が少ないと高還元の意味がありませんし、無駄に使ってしまってはただの無駄遣いになります。自分の利用頻度を考えてカードを作りましょう。
 

クレジットカードは学生でも作れる

クレジットカードの審査時に聞かれるのが職業や収入などです。「それじゃあ学生の自分はクレジットカードを作れないなぁ。」と諦めてしまう学生が多いようですが実は学生でもクレジットカードを作ることが出来ます。
 
それは、「学生向けクレジットカード」と言われるもので大体18歳~25歳までの方を対象にしたクレジットカードです。学生と言っても中学生や高校生は対象外で基本的には大学生や短大生、専門学校生などが利用することが出来るものです。20歳未満では、親の同意が必要ですが20歳以上であれば自分の意思で申込みが可能となります。審査は、両親の信用情報をもとに行なうので自身の収入がなくてもカードを作れる可能性があります。
 
しかし、残念なことに一般クレジットカードに比べて劣る面があります。キャッシング枠については利用できても少額、利用できないカードもあるようです。利用可能金額については、一般クレジットカードに比べて低めに設定されています。
 

クレジットカードのショッピング枠現金化

お金が無いなどとWEB上で検索すると、ブラックな誘い文句も検索に引っ掛かってくるものです。そんな甘い話はないと思っていても、気になって読むだけ読んでみるかとページを開いてしまったことはありませんか?そんな時に見かけるのが「あなたのカードのショッピング枠を現金化します!」というような文言です。
 

そんな簡単で良い方法があったのかと騙されてはいけません。換金目的でのクレジットカードの利用はクレジットカードの会員規約で禁じられています。そのような利用がわかった時点でそのカードは利用できなくなり、お金のトラブルに巻き込まれることとなります。十分に注意しましょう。
 

詳しく知りたい方はコチラ⇒一般社団法人日本クレジット協会:クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意
 

消費者金融や銀行からお金を借りたいと考えているならコチラ→消費者金融でお金借りたいなら