今すぐお金借りる
お金借りる > 各種ローン > 自動車ローンの知っておくべきポイントとは

自動車ローンの知っておくべきポイントとは

自動車ローンは、一般のカードローンなどよりも低金利で非常に利用がしやすくなっています。住宅ローン以外のローンで最も利用されているものです。それだけ気軽に申し込める借入方法ですので審査は比較的厳しくなっています。
 

消費者金融等のカードローンに比べると厳密に審査が行われている金融商品です。審査項目は多岐に渡っていて、総合的にではなくどれか一点でも審査から落とされる内容があれば間違いなく審査は通らなくなるので注意が必要です。
 

カードローンの審査はどんな感じ?と気になった方は「お金を借りる際の審査ってどんなもの?」を見てみて下さい。
 

一般的な審査内容は次のような項目です。借入れ金額が収入に見合っていない例で、年収の3分の1の借入れが上限になっています。年収300万円ならば100万円まで、600万円ならば200万円といった具合です。
 

支払い能力審査として、借入れ実績がある場合には審査には優位になります。借入れなど全く行っていない人のほうが審査は通り安いというのは間違いで、例えば入社間もない新人社員や勤続年数が1年にも満たない人が借入れる場合などに支払い能力があるかが問われる訳です。お金を貸す側からは、住宅ローンなどで多額の借入れがあっても数年間遅滞なく支払っている人のほうが安心して貸し付けることができると言うわけです。
 

そして一番重要な審査項目はやはり多重債務を抱えていないかと過去に遅延などの事故を起こしていないかが問われます。一度でも遅延を起こしてしまうと信用情報とうデータベースに書き込まれてしまいます。そして5年間はその情報が消えることはありませんので、そこに記載されると審査が通る可能性は非常に低いものになります。
 

意外な落とし穴として、スマホなどの通信使用料をカードによる自動引き落としにされている場合にうっかり残高不足で遅延を起こしてしまう場合が起こりえます。しかしこれも立派な遅延行為に他なりませんので信用情報に知らない内に傷をつけている場合があります。審査が通らない訳が無い筈とか、支払い能力が無いと判断される理由がないと言われる人にはうっかりミスという落とし穴が存在するので気を付けましょう。
 

自動車の残価型のローンのメリットについて

自動車を購入するときにローンを組むことが多いと思いますが、自動車屋さんには均等型のローンと残価型のローンがあります。均等型とは毎月の支払いは均等で例えば5年で組んだ場合、5年後でローンを完済できます。
 

残価型の場合は、5年で組むと59回までは均等型と同じですが、60回目に大きい金額の支払いがきます。例えば、車両価格200万円で、残価が35パーセントの車の場合、60回目に35パーセントの70万円の支払いがくる組み方になります。
 

【残価型のメリット】
月々の支払いを均等型より抑えることができるところです。また60回目の支払いの時には一括でお支払いするか、また再ローンにするか、車の走行距離、車のキズの状態によっては車を返却して残価を相殺できるように選べます。
 

【残価型のデメリット】
均等型より、ローンの元金が減っていかないので金利でかかる手数料が均等型より多くなるところになります。ほとんどの自動車屋さんが均等型のローンより、残価型のローンの金利のパーセントは低い設定にしていますので、場合によっては手数料が均等型より安くなるケースもあります。
 

【残価型の一番の魅力】
自動車屋さんによっても違いはありますが、5年後に車を返却して、残価を相殺できるところが非常にメリットがあります。それはどういうことかと言うと、自動車屋さんによっても違いますが5年後に走行距離6万キロ以下で、車のキズ減点が50点以内の場合は車を返却して残価を相殺できます。先ほど話した通り200万円の車で残価が35パーセントだと70万円を相殺できるということです。5年後に乗り換えようと査定をして例え査定金額が60万円だったとしても、条件ないであれば70万円で引き取ってくれるということです。また5年後に査定をしたら80万円だった場合は、下取り扱いもしてくれて、80万円で下取りしてくれます。このことから、残価型は均等型より手数料は多くなることが多いですが、メリットもあります。