今すぐお金借りる
お金借りる > 各種ローン > 知っておくべき住宅ローンの仕組みとは

知っておくべき住宅ローンの仕組みとは

生活に関わるローンはいろいろありますが住宅ローンほど高額なローンはあまりないのではないでしょうか。マンションや建売住宅の購入、またはマイホームの建築などに利用するお金をローンとして借りるわけですから、一般的なローンとして挙げられる自動車ローン教育ローンなどと比較しても一番の高額になるかと思われます。
 

ローンの仕組みとして、借入れの額が大きいほど金利というのは低くなります。つまり住宅ローンのような高額なローンですと金利はかなり低くなります。その金利には変動金利と固定金利があり、どちらかを選択することになります。商品によって違いはありますが、1991年には8.5%もあった変動金利もここ20年間は3%以下の低金利で横ばい状態が続いています。2017年9月時点での主要都市銀行の変動金利0.600〜1.075%、35年固定金利は1.080〜1.660%となっています。どちらにしてもカードローンなどと比べてしまうとかなり低い金利だとわかるかと思います。
 

住宅ローンの返済方法

住宅ローンを組んだ後の返済方法は、毎月一定の金額を返済する形式や、利息分を返済当初に多めに返済していく形式など、複数の返済のスタイルがあり、自分に合わせた方法が選択できます。住宅の購入後の自分の生活を考えてどのような返済を選択するのかを決めることとなります。
 

現在では、経済的にゆとりが生じたタイミングで繰り上げ返済を適用させることも、住宅ローンによっては可能です。そのため、この繰り上げ返済を上手く利用しながら、当初の返済プランに比べて早いタイミングで完済を目指すという方法もあります。
 

柔軟に返済プランを決定したり、返済の方法を選択したりすることの可能な住宅ローンは、住宅の購入者にとってとても利用価値のあるものと言えます。
 

疾病に関する保障が付与される住宅ローン

現在展開される住宅ローンには、癌や重大な疾病に関する保障の付与されるものが複数見受けられます。ローンを契約した当事者やその家族が該当する疾病になった際の保障がメインとなっており、突然病気になった際にも心配することなく対処できる仕組みが形成されています。こうした疾病に対する保障は、複数の金融機関で充実している他、特約という形式で住宅ローンの契約を行う際に組み込まれるケースもあります。
 

一般的な疾病の保障では、病気になったと判明した時点からローンの残りの返済が緩和されたり、疾患の重症度によって返済が免除されたりします。住宅ローンを契約する当初から、このような保障が備わっている場合が多く、突然の事態でも安心です。ここ数年は、こうした病気や疾患に関わる保障や特約が充実し、以前に比べて利用者も強い関心を持っています。
 

返済を行う最中で疾患になっても、その後の返済のプランニングが柔軟に変更されるということは、新たに住宅ローンを組もうとする人にとってプラスに認識されるのではないでしょうか。保障の対象に該当する疾患に関しても、年々拡大されていると考えられていることから、その点も評価されるポイントとなっています。住宅ローンを組む際には、この保障や特約についての面に着目することが重要視されています。