今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる時の知識 > WEB完結は在籍確認なしでお金を借りれる

WEB完結は在籍確認なしでお金を借りれる

キャッシングの申込みを行うと、その後の審査中に勤務先に在籍確認があります。これは申込みを行った人の職場に実際に電話を掛けてその会社に本当に在籍しているかを確認する作業ですが、会社や同僚にお金を借りることを知られるのが嫌でこの電話が掛かってくるのが困るという人も多いでしょう。
 
在籍確認の電話
 

WEB完結と呼ばれるネットを利用した申込みでは、手続きの手間を省いて文字通りWEBだけで契約まで申込みを完結させることができます。必要書類の提出も写真に撮ったものを送信する形で行うので、FAXや郵送で送付する手間はありません。本人への電話連絡はもちろん、この職場への在籍確認もありません。よって、勤務先まで電話を掛けられるのが困るという人にはこのWEB完結での申込みがとてもおすすめです。
 
※場合によっては在籍確認がある場合もあります。気になる方は利用されるキャッシング業者にお問合せください。
 

WEB完結にもキャッシング業者によって違いがある

とても便利なWEB完結ですが、キャッシング業者によって違いがあります。当サイトで紹介しているプロミスとモビットで比較してみましょう。
 

プロミス モビット
銀行口座の対応 多くの金融機関に対応 大手銀行2社のみ
必要な書類 少ない 多い

 

まず、WEB完結を行うには借入れのお金を振り込んでもらう本人名義の普通口座が必要です。例えば、モビットの場合、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行のどちらかに普通口座を持っている方となっています。大手銀行2社の口座なのでお持ちの方は多いかと思いますが、両方持ってないという方もいるでしょう。そんな時は多くの金融機関に対応しているプロミスなら安心です。ゆうちょ銀行、りそな銀行、みずほ銀行等、大手銀行の他に地方銀行や信用金庫、楽天銀行やジャパンネット銀行などのネットバンクにも対応しています。
 

次に通常のキャッシングの申込みで希望借入れ額が少額の場合、本人確認書類だけで構わないことがほとんどですが、WEB完結では用意する書類が通常のキャッシング申込みより多くなるキャッシング業者もあります。なぜなら、一切電話での確認を行わず、それらの書類によって本人確認や収入の確認、そして在籍確認をするからです。
 

具体的に言うと、モビットのWEB完結では、まず本人確認書類として運転免許証、またはパスポートが必要です。この2つ以外では申込みは行えません。また、勤め先を確認するものとして職場名の記載された社会保険証か組合保険証と、直近の1ヶ月分の給与明細書も必須です。更に、現在の収入の証明として最新の年度の源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書の写し、直近の2ヶ月分の給与明細書のいずれかが必要になります。これら全てを用意できることがモビットのWEB完結を利用できる条件です。
 

しかし、モビットの場合、希望借入れ額に関わらず必要書類が増えてしまいますが、プロミスでは、本人確認書類として運転免許証、またはパスポートか健康保険証と住民票は必要ですが、希望借入れ額が50万円を超えない、または希望借入れ額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えていなければ収入証明書類提出の必要はありません。少ない金額の借入れを今すぐ借りたいという時にはプロミスの方が必要書類を用意する手間が省けます。
 
通常のキャッシングの必要書類や借入れの流れはコチラ⇒お金を借りる前に知っておきたいこと
 

WEB完結でお金を借りるならプロミス!

自分が所有している銀行に対応していないければ口座を新たに作る必要があります。また、多くの必要書類を用意しなければならない場合、管轄の役所まで書類を取りに行く必要があるかもしれません。このような手間がかかると手続きの手間を省いてWEB完結をしようとしている意味がなくなってしまいます。
 

WEB完結を利用しようとしているなら、多くの金融機関に対応していて、少ない金額の借入れなら必要書類も少なくて出来るだけ完結に借入れのできるプロミスがオススメです。
 

プロミス
≪プロミス公式サイト≫
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

 

モビット
≪モビット公式サイト≫
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 10秒で簡易審査結果表示
融資時間 最短即日※1

 
※1:14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。
審査結果によりご希望に沿えない場合があります。