今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる時の知識 > こんな貸金業者にお金を借りてはダメ

こんな貸金業者にお金を借りてはダメ

世の中にはいわゆる「モグリ」と言われる、貸金業者の登録をせずに貸金業を行っている業者があります。一般的に言う「闇金」ですね。闇金業者には貸金や金利に関する法律が適用されていないので、そこからお金を借りてしまうと法律を無視した法外な金利を請求されることがあります。
 

貸金業者をチェック
 

また、返済が滞ってしまったような場合に、無茶苦茶な取り立てが押しかけて来ることもあります。キャッシングをするなら、貸金業法が適用されている消費者金融、それから銀行法が適用されている銀行のカードローンを利用すると安心です。こうした大手の会社や銀行には利息制限法という金利に関する法律が適用されています。法律に基づき、金利が決定したり返済が遅れてしまった場合の損害金の算出が行われます。
 

お金を借りる前に正しい知識を

ヤミ金からお金借りた
 

例えば、大学進学を機に一人暮らしを始め、お金のやりくりが上手にできず足りない分を補おうと学生がお金を借りる時にヤミ金から借りてしまった。というパターンがよくあります。慣れない一人暮らしを始めたばかりで、相談できる家族や親しい友人がそばにいないような時、お金を貸してくれる業者が良い業者なのかどうか、判断がきちんとできないのです。こういう無知な若者はヤミ金業者に狙われやすいターゲットとなってしまいます。
 

安易にお金を借りない、借りる前に業者が法律を遵守した安全な業者であるのかどうか見極められる知識を持っておくことがとても大切です。
 

これって闇金?どうやって見分ける?

  • 金融業者登録されているかを確認する
  • 固定電話で電話番号を記載している

 

インターネットの普及により、闇金業者がそれらしいホームページを開設していたり、掲示板や他サイトから闇金業者のサイトへ勧誘・誘導されるようなケースが増えています。違法な業者であるのか、きちんとした金融業者なのかを見分けられる方法を知っておくことは大切なことです。一番目安になるのは、正規金融業者としての登録がされているか、ということです。
 

消費者金融は会社の規模に関係なく、大手でも中小業者でも営業するためには必ずこの登録をしています。正規登録をしている業者には、店舗やホームページ状に「×××財務局長(×)第△△△号」または「×××知事(×)第▲▲▲号」といった表示をするという規定があります。正規金融業者として登録されているかどうかを知るには、まずこの表示があるかどうかを探してみましょう。
 

それから固定電話を表示するという規定もあります。ホームページ、広告、チラシに固定電話の電話番号が記載されているかどうか確認をしてみてください。記載されている番号が携帯電話の番号である場合、そこは闇金である可能性が高いと言えます。
 

記載されている金利から、業者が正規なのか闇金なのかの判断ができることもありますが、大抵の場合が闇金業者でも表面的には法廷内の金利額を載せ、実際利用してみると記載された金利を大幅に上回る高額な金利を請求してきます。
 

正規金融業者と闇金とを見分けるには、上に説明したような記載がホームページやチラシにあるかどうかを確認すると良いでしょう。怪しいな、と思う業者からは、絶対に借り入れをしてはいけません。