お金を借りる時の不安を解消
お金借りる > お金を借りる方法 > お金を借りる時の不安を解消

お金を借りる時の不安を解消

お金借りる時の不安材料として、お金を借りたことがない人の頭に浮かぶのはドラマなどでも見かけるような怖い取り立てではないでしょうか。お金借りる時に返済はキッチリしていくつもりでも少しでも遅れたら借金取りが家に来るのではと不安を抱えている方もいるようです。しかし、そのような取り立てが家に来るとすれば「闇金融」など怪しい業者からお金を借りてしまった場合です。
 

この「闇金融」とはどのようなものか簡単に言うと、貸金業者の登録をせずに貸金業を行っている業者のことです。闇金業者には貸金や金利に関する法律が適用されていないので、そこからお金を借りてしまうと法律を無視した法外な金利を請求されることがあります。返済が滞ってしまったような場合に、無茶苦茶な取り立てが押しかけて来ることもあります。
 

例えば、大学進学を機に一人暮らしを始め、お金のやりくりが上手にできず足りない分を補おうと学生がお金を借りる時に闇金から借りてしまった。というパターンがよくあります。慣れない一人暮らしを始めたばかりで、相談できる家族や話し合える知人がいない時、お金を貸してくれる業者が良い業者なのかどうか、判断がきちんとできないのです。こういう無知な若者は闇金業者に狙われやすいターゲットとなってしまいます。
 

駅前の消費者金融ビル
 

キャッシングをするなら、借りる前に業者が法律を遵守した安全な業者であるのかどうか見極められる知識を持っておくことがとても大切です。貸金業法が適用されている消費者金融、それから銀行法が適用されている銀行のカードローンを利用すると安心です。こうした大手の会社や銀行には利息制限法という金利に関する法律が適用されています。法律に基づき、金利が決定したり返済が遅れてしまった場合の損害金の算出が行われます。
 

本当にお金を借りれるか不安

これからお金を借りる人にとって不安に思うことのひとつには、実際にお金が借りれるのかどうかというのもあるのではないでしょうか。人は、それぞれ収入や属性が違います。いまの自分の状況で希望額のお金を借りることが出来るのかというのは誰もが不安に思うことでしょう。
 

お金を借りれるか不安
 

カードローンを利用するのであれば、お金を借りることが出来るかどうかというのはキャッシング会社の審査で決まります。ここで、審査で引っ掛かってしまいやすい条件を確認しておきましょう。
 

過去の借り入れが影響しないか不安

審査で不安に思う方は、どこか自分に不利な部分があります。よくあるのが現在他社に借入れがある場合や過去に大きな借金をしていた事があるなどです。確かに不利な条件には見えますが実際審査に不利になるかどうかは、どのようなお金の借り方をしているかです。
 
他社の借り入れがあっても計画通りで返済の遅延もなく利用していたり、過去に大きな額の借り入れをしていてもきっちり返済をしていれば「返済能力の高い信頼できる人物」という見方をしてもらえる可能性もあります。
 

アルバイトでもお金を借りれるか不安

次に気になることと言えば、お金を借りる絶対条件である「安定した収入がある」というところではないでしょうか。バイトやパートで収入が少なかったり、勤務年数がまだ数か月などでは安定した収入が無いようにも思えて不安になります。
 
確かに安定した収入のある会社員に比べるとアルバイトやパートでは不安がありますが、決してお金を借りれないわけではありません。アルバイトやパートでも短期の繰り返しなどではなく長期で継続して勤務していることで審査を通過する可能性があります。ただし、長期で勤務しているという実績があっても毎月の収入が少ないのであれば、それに適した金額しか借りることが出来ないので注意しましょう。