今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りた後に知っておきたいこと > 返済が遅れてしまった!どうすればいい?

返済が遅れてしまった!どうすればいい?

お金を借りる時には、もしものことも想定しておかなければなりません。毎月、給料が入ったらすぐに返済に充てているから大丈夫と思っていても、いつ何時さらにお金が必要になり返済が出来なくなるかわかりません。もし、キャッシング利用時に返済遅延をしてしまったら、どのようにしたらいいのか知っておきましょう。
 

  • 早急に連絡をする
  • 遅延状況を放置しない
  • 早く支払えるよう努力する

 

キャッシングを利用したら、返済を遅らせてはいけません。ただし、やむを得ない事情によって、返済が滞ってしまうことも時にはあるかもしれません。返済が遅れることが前もって分かっている場合には、早めに連絡を入れましょう。消費者金融によっては返済日を先延ばしにしてくれたり、返済方法について相談に乗ってくれるところがあります。怖がらずに相談をすると、カードローン会社は柔軟に対応してくれます。会社にとっても、貸したお金を回収できないことは一番困ることだからです。
 

返済日を過ぎた後に返済が遅れていることに気がついた場合にも、そのままにせずすぐに連絡を入れましょう。返済が遅れてしまった理由と、いつ頃返済を再開できそうなのかを伝えましょう。少なくとも「返済する意思がある」ということを伝えておいた方があなたの心証がよくなります。
 

返済日を過ぎてしまったら、数日間の間に連絡を入れるようにしてください。2、3日程度の返済の遅延であれば、「遅滞」の扱いにならないことがほとんどです。そのまま放置すると、消費者金融の方から確認・督促の電話がかかってきます。この電話に出ない、支払い義務を放置するとあなたの印象が非常に悪くなります。
 

返済が遅れる
 

遅延状況が長期に渡ったり、何度も繰り返すようなことがあると、いわゆる「ブラックリスト入り」してしまい、今後のキャッシングができなくなることもあるので気をつけてください。
 

こんな返済遅れのケースに注意!

返済計画をしっかり立て、自分は絶対遅れない!と自信がある人でも、気がついたら返済が滞っているなんていうことがたまにあります。
 
ATM
 
例えばありがちなのは、返済を口座からの自動引き落としに指定している人で、口座残高が十分になかった場合です。口座振替での返済は自動的に引き落とされるので便利ですが、よく注意をしていないとこのようなことが起こります。また、お金は口座に入っているから大丈夫と思っていても、たまたま他の買い物の引き落としが重なってしまい残高不足に、ということもあり得ます。
 

引き落としがされていなかったことに気がついたら、その時点ですぐにローン会社へ連絡を入れましょう。毎月の返済日の後には、引き落としがきちんとされたかどうか、確認を怠らないことも大切です。
 

返済の遅れが気になる方は、「お金の借りすぎに注意」も参考にしてみて下さい。