今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる時の知識 > お金を借りる際の審査ってどんなもの?

お金を借りる際の審査ってどんなもの?

キャッシングする際は、誰でも必ず審査は必要です。審査がある以上、審査に通る人もいれば通らない人もいます。

 

お金を借りるための審査

 

各社で審査の基準は異なりますので、○○社は通ったので△△社も大丈夫、というものでもありません。一般的にどんな条件だと審査に通りやすくなるのか知っておくことが大切です。

 

 

なぜ審査に通らないのかを考える

審査の前に考える

 

お金を借りたいの審査に通らなかった、という人は少なくありません。お金が必要な時に借りれないって本当に困りますよね。では、そのような人はなぜ審査に通らないのでしょうか。その理由としてあげられる代表的な3つをご紹介しましょう。

 

  • 過去にキャッシングの延滞をしたことがある
  • 自身に見合っていない金額の融資を希望している
  • 無職、又は安定した収入を得ていない

 

まず、キャッシングの延滞や支払遅延などを繰り返していると審査は通りません。貸したお金を期日以内にきちんと支払ってくれない人にはそもそも貸したくありませんよね。そのような情報は各社で共有していますので、どこのキャッシング会社でも審査が通ることはありません。一般的にそのようなブラックな情報は5年間は各社に登録されますので、その5年間はキャッシングは難しいでしょう。

 

 

次に、自分に見合っていない金額の融資を希望する場合は審査に通りません。規定により借りることができる金額は年収の3分の1までとなっています。自分の年収を一度よく確認し、申し込む際はその3分の1までにしておきましょう。また、希望金額が高ければ高いほど審査はより厳しくなる、ということも覚えておきましょう。

 

 

さらに、申し込みの時点で安定した収入を得ていない場合は、返済能力がないとみなされ当然お金は借りられません。無職はもちろん、たとえ収入が安定していても年収が極端に低い場合なども同様で審査に通らないと考えてよいでしょう。

 

審査ではどのような点を見られているのか詳しい情報はコチラ⇒審査とは何なのか

 

審査に通過するポイントとは

  • 過去に延滞や遅延などの金融事故がない
  • 正社員で安定した収入を得ている
  • 自身に見合った金額の融資を希望する

 

上記3つを満たしていれば返済能力があるとみなされ、審査はほとんどの場合で通ります。ここで言う「正社員」とは、どの会社かは問題ではありません。少人数でも正社員ならOKです。なお、勤続年数が長いとより審査に通りやすいと言えます。

 

 

また、パートやアルバイトでも長期継続して働いている場合は「安定した収入を得ている」ケースに相当しますので、審査に通る傾向にあります。