お金借りる時の審査は甘い?甘くない?
お金借りる > お金を借りる方法 > お金借りる時の審査は甘い?甘くない?

お金借りる時の審査は甘い?甘くない?

キャッシングする際は、誰でも必ず審査は必要です。審査がある以上、審査に通ってお金借りることが出来る人もいれば、審査に通らずお金を借りられない人もいます。審査が甘い、甘くないと色々な意見がありますが実際は甘くないと考えて審査に挑んだ方が良いでしょう。
 

お金を借りるための審査
 

各社で審査の基準は異なりますので、○○社は通ったので△△社も大丈夫、というものでもありません。一般的にどんな条件だと審査に通りやすいのか知っておくことが大切です。
 

お金借りる時に審査落ちする人

審査の前に考える
 

お金を借りたいのに審査落ちしたという人は少なくありません。お金が必要な時に借りれないって本当に困りますよね。では、そのような人はなぜ審査に通らないのでしょうか。その理由としてあげられる代表的な3つをご紹介しましょう。
 

  • 過去にキャッシングの延滞をしたことがある
  • 自身に見合っていない金額の融資を希望している
  • 無職、又は安定した収入を得ていない

 

まず、キャッシングの延滞や支払遅延などを繰り返していると審査は通りません。貸したお金を期日以内にきちんと支払ってくれない人にはそもそも貸したくありませんよね。そのような情報は各社で共有していますので、どこのキャッシング会社でも審査が通ることはありません。一般的にそのようなブラックな情報は5年間は各社に登録されますので、その5年間はキャッシングは難しいでしょう。
 

次に、自分に見合っていない金額の融資を希望する場合は審査に通りません。規定により借りることができる金額は年収の3分の1までとなっています。自分の年収を一度よく確認し、申し込む際はその3分の1までにしておきましょう。また、希望金額が高ければ高いほど審査はより厳しくなる、ということも覚えておきましょう。
 

さらに、申し込みの時点で安定した収入を得ていない場合は、返済能力がないとみなされ当然お金は借りられません。無職はもちろん、たとえ収入が安定していても年収が極端に低い場合なども同様で審査に通らないと考えてよいでしょう。
 

審査が通りやすいポイントとは

  • 過去に延滞や遅延などの金融事故がない
  • 正社員で安定した収入を得ている
  • 自身に見合った金額の融資を希望する

 

上記3つを満たしていれば返済能力があるとみなされ、審査はほとんどの場合で通ります。ここで言う「正社員」とは、どの会社かは問題ではありません。少人数でも正社員ならOKです。なお、勤続年数が長いとより審査に通りやすいと言えます。
 

また、パートやアルバイトでも長期継続して働いている場合は「安定した収入を得ている」ケースに相当しますので、審査に通りやすい傾向にあります。もっと詳しく知りたい方はコチラも参考にどうぞ⇒フリーターがお金を借りる方法
 

キャッシングの仮審査と本審査の違い

 

入力項目
仮審査 年収、勤続年数、現在のお借入金額など
本審査 年収、勤続年数、他社借入れ件数、個人情報、自宅情報、勤務先情報など

 

カードローンなど、ローンを申し込む際には審査がありますが、審査にも二種類、「仮審査」と「本審査」とがあります。この違いをご説明します。「仮審査」では、機械的に審査が行われ、「本審査」では、人間が判断して審査をおこないます。
 

「仮審査」においては、貸出し金融機関が行いますが、「本審査」は保証会社も併せて行うものです。
人の属性(年収、年齢、勤続年数等)により、貸し出し可能か否かは、かなりの程度パターン化されているため、コンピューターを用いた仮審査は瞬時に終わります。仮審査に通らないことはほとんどありません。ただ、「申込金額が極端に多い」「ブラックリストに載っている」等、信用に問題のある場合は仮審査を通過しないことがあるようです。貸出しリスクが高すぎる相手には、貸出しはできません。
 

総量規制ルールに基づき、「貸出し額が年収の3分の1を超える」ことになる申込みについても、仮審査は通りません。本審査を通過しますと、いよいよ借入れができます。当然ながら、本審査は仮審査よりさらに厳しいものになります。仮審査を通過したが、本審査を通過できないということは、十分にあります。
本審査においては、時間がかかります。「他社での借入れ」「勤務先への在籍確認」「本人確認書類」等を、こと細かにチェックするためです。
 

提出書類に不備・虚偽内容があった場合、また、在籍していることの確認ができなかった場合は、本審査に通らないとしても、やむを得ないものです。つまらないことで審査を通過できないことのないよう、書類の再確認は入念に行いましょう。
 

キャッシング審査の前に気を付けたいこと

キャッシングの申込みにあたって、次の行為は、決していい結果をもたらしません。それは「年収を偽ること」「他社借入れ件数を偽ること」「連絡が取れない」です。悪気がなくても、つい年収を多めに、借入れ件数を少なく申告してしまうことはあるでしょう。ですが、そのようなことをしてはいけません。貸す側の立場としてもっとも大事なことは、借り手に返済能力があるかないかです。虚偽の内容を書いて申し込みをする客が、信用できる借り手とみなされるはずはありません。必要なときに連絡のとれない人もまた、信用されません。ウソを書かず、また、連絡先を確保しておくことこそ、お金を借りるための早道です。
 

やってはいけない
 

審査以外にもお金を借りる際に気を付けたいことを知りたい方は「キャッシングのブラックとは?」も参考にしてみて下さい。