今すぐお金借りる
お金借りる > お金借りる知識 > 金利とは何かを把握しよう

金利とは何かを把握しよう

金利とは、お金を借りる際にキャッシング会社に支払う手数料のようなものです。キャッシング会社の公式サイトに掲載されている「貸付条件」のページを見ると、「5%~18%」のように幅のある形で設定されているのが分かります。

 

お金を返す時には、元々借りた分に加えてこの金利分のお金も返さなければなりません。そのため、お金を借りる前には金利がどれくらいかかるのかを必ず確認し、実際にいくら返す必要があるのかを把握しておきましょう。

 

金利の計算

 

金利を計算してみる

金利は「実質年率」と書かれている場合もありますが、どちらも同じ意味と思ってもらって構いません。借りたお金に対して1年間にどれくらいの利息がかかるのかを表したものが実質年率です。

 

例えば、10万円を借りていて実質年率が15%だとすると、1年間にかかる利息は10万円×15%=1万5000円です。10万円だけ借りたとしても、実際には11万5千円を返す必要があるのです。この計算はあくまで一例で、キャッシングで借りたお金は原則として日割り計算を行います。上記と同じ条件で30日間だけお金を借りた場合、利息はいくらになるのでしょうか。

 

借入残高10万円、実質年率 15.0%で30日間借りた場合
10万円×0.15÷365日×30日=1232円

 

1年間にかかる利息と比べて、ずいぶん安くなったのがわかりますね。このように、お金を借りている期間が短いほど利息は少なくなるため、キャッシングを利用する際は必要な金額だけを借りてできるだけ早く返すようにしましょう。お金を早く返すことによるメリットは、利息の節約だけではありません。「この人はお金を早く返してくれる」とキャッシング会社から信用されれば、金利を下げてもらえる可能性があるのです。

 

それでは、銀行カードローンの主な最高金利である15%と、消費者金融の主な最高金利の18%を比較してみましょう。10万円をどれくらいの期間借りればどのように違ってくるのでしょうか。

 

30日間 90日間 180日間 365日間
金利15% 1232円 2465円 7397円 15000円
金利18% 1479円 2958円 8876円 18000円

 

どうでしょうか?一ヶ月なら数百円の金額が年間になるとかなり大きな差になってしまいますね。しかも、更に長く何年にも渡って返済した場合は金利として支払う金額はかなり大きくなってしまいます。

 

金利は下げてもらえるの?

お金を借りるのであれば、もちろん金利は低い方が嬉しいですよね。「5%~18%」のように幅があるので一番低い金利で借りたいところですが、初めてキャッシングを利用する場合は間違いなく一番高い金利が適用されます。なぜかといえば、金利はお金を借りる人の信用度によって決まるためです。利用限度額に応じて金利は細かく定められています。50万円であれば18%、100万円であれば15%といった具合です。キャッシング会社から見れば、初めてキャッシングを利用する人というのは本当にお金を返してくれるのか分からない存在であるため、返してもらえないリスクを考えて利用限度額を少なくします。そのため、金利が一番高くなってしまうのです。

 

借りたお金を毎回きちんと返していれば、キャッシング会社からの信用を得て利用限度額を増やしてもらえます。その結果、金利が下がるのです。反対に、お金を返すのが遅れると信頼を失い利用限度額を減らされてしまうため注意が必要です。

 

キャッシング会社の信用を失わない為に気を付けたいこと⇒お金の借りすぎに注意

 

金利の高低の見分け方

先ほどもお話しした通り、キャッシングを利用しようとした時に多くの方が適用されるのは、金利の右側に書かれている上限金利となります。
 

だいたい右側にある上限金利は、100万円未満の融資限度額に適用されます。初回申し込み時は、ほぼ100万円未満の融資限度額が設定されるため、右側の上限金利だけ見ていれば問題ないというわけです。しかし、上限金利は金融機関によって異なります。消費者金融は横並びでほぼ年18%となっています。これが高いと思うか低いと思うかは人によりますが、これは利息制限法が定めるぎりぎりの高さで、金利の中では高いと言えます。
 

一方、銀行カードローンの上限金利は非常に差があります。いわゆるプレミアムカードローンなら10%を大きく割り込み、高いところでは消費者金融と同じ18%となります。しかし、メガバンクの上限金利が年14%台なので、これが銀行カードローンの標準的な金利となっています。
 

このように明らかに金利が低いのは銀行カードローンです。しかし、大手消費者金融には最大30日間の無利息サービスがあります。契約から30日以内に全額返済が可能な方なら、大手消費者金融で借りる方が利息がかからない分お得です。なお最近は銀行カードローンでも無利息サービスを実施するところが増えています。しかし、その分上限金利が高く設定されているので、一概にお得だとは言えません。
 

ただでさえ金利が低めの銀行カードローンですが、当該銀行で住宅ローンを組んでいたり、給与振込口座に設定していると、さらに金利を下げられます。ですから低金利という事だけに注視するのであればメインバンクで借りるのが一番お得な場合が多いです。このように金利の高低は、上限金利で比較します。そして無利息サービスのある消費者金融がいいか、長く付き合うので金利が低めの銀行カードローンがいいか選択すればいいでしょう。
 

少額借り入れなら消費者金融でも損はない

初めてカードローンを契約する場合、やはり金利が低い方に目が行きがちです。しかし、低金利のカードローンほど、審査は厳しくなっているため、新社会人やフリーターの方などが契約するにはハードルが高めです。そもそも、金利が低いカードローンほど、貸倒れリスクの低い方をターゲットにしているため、信用度および返済能力の低い方は申し込みを避けるのがベターと言えます。
 

フリーターの方がカードローンを利用するなら⇒フリーターでもお金借りるには
 

カードローンを契約ケースには、冠婚葬祭などの急な出費への対応、手元に現金が無く翌月の給与までの繋ぎということがよくあります。このような場合、借り入れする金額は少額であり、上限金利18.0%が適用される消費者金融のカードローンと平均上限金利14.5%前後の銀行カードローンでの有意差は殆どありません。例えば、1万円をそれぞれの金利で借り入れした場合、1日あたりの利息差は1円程しかありません。5万円まででも約5円、10万円の場合は約10円の差が生じ、結果的に少額の借り入れであれば、消費者金融のカードローンを選んでも損はありません。
 

あくまで、低金利のカードローンがメリットとなるのは高額かつ長期返済になる場合です。敢えて、初めての人もしくは返済能力の低い方が低金利のカードローンを申し込んで、審査落ちのリスクを取るよりも、消費者金融のカードローンを契約した方が良いこともあります。その他に、少額の借り入れの場合、短期間での返済も可能となり、返済期間次第では金利が低いことによる利息の差もどんどん縮小していきます。消費者金融は金利が高いというイメージが先行しがちですが、利用頻度や借入額、返済期間をしっかりと理解した上で契約すれば、銀行カードローンに劣るものではありません。
 

手数料にも注意しよう

出来るだけ低金利でお金を借りようと金利だけに注目してばかりいると見逃してしまうポイントがあります。それは、借り入れや返済時に提携ATMで発生する利用手数料です。例えば、銀行カードローンの場合、離れた地域の銀行でも申し込みや契約が出来る反面、提携ATMに頼る必要があります。、ATMの利用手数料は、108円または216円などとなっているため、毎月の利息と比較した場合には割高になります。例えば、10万円を金利14.5%で借り入れした場合、毎月の利息は約1172円となります。これに手数料が加わってしまうとせっかく低い金利で契約したメリットが少なくなってしまいます。
 

そこで、銀行カードローンを契約する場合は金利が低く、提携ATMの利用手数料にも注目することが重要になります。現在では銀行カードローンの適用金利も、実際には大きく差がないため、付帯サービスの充実性を考慮した方が良いと言えます。ATM利用手数料の他、利用状況や返済に応じてポイントが付与されるなど、実質的に金利が下がるものがあります。また、カードローン以外の金融サービスを契約していた場合など優遇サービスもあることから、銀行カードローンの選び方は金利を含め、トータル的に情報を集めることがより、返済負担軽減に影響するのが実状と言えます。
 

安易に広告だけでカードローンを検討せず、お得にキャッシング出来るカードローンはないか、徹底して探してみることをおすすめします。