今すぐお金借りる
お金借りる > お金を借りる時の知識 > 金利とは何かを把握しよう

金利とは何かを把握しよう

金利とは、お金を借りる際にキャッシング会社に支払う手数料のようなものです。キャッシング会社の公式サイトに掲載されている「貸付条件」のページを見ると、「5%~18%」のように幅のある形で設定されているのが分かります。

 

お金を返す時には、元々借りた分に加えてこの金利分のお金も返さなければなりません。そのため、お金を借りる前には金利がどれくらいかかるのかを必ず確認し、実際にいくら返す必要があるのかを把握しておきましょう。

 

金利の計算

 

金利を計算してみる

金利は「実質年率」と書かれている場合もありますが、どちらも同じ意味と思ってもらって構いません。借りたお金に対して1年間にどれくらいの利息がかかるのかを表したものが実質年率です。

 

例えば、10万円を借りていて実質年率が15%だとすると、1年間にかかる利息は10万円×15%=1万5000円です。10万円だけ借りたとしても、実際には11万5千円を返す必要があるのです。この計算はあくまで一例で、キャッシングで借りたお金は原則として日割り計算を行います。上記と同じ条件で30日間だけお金を借りた場合、利息はいくらになるのでしょうか。

 

借入残高10万円、実質年率 15.0%で30日間借りた場合
10万円×0.15÷365日×30日=1232円

 

1年間にかかる利息と比べて、ずいぶん安くなったのがわかりますね。このように、お金を借りている期間が短いほど利息は少なくなるため、キャッシングを利用する際は必要な金額だけを借りてできるだけ早く返すようにしましょう。お金を早く返すことによるメリットは、利息の節約だけではありません。「この人はお金を早く返してくれる」とキャッシング会社から信用されれば、金利を下げてもらえる可能性があるのです。

 

それでは、銀行カードローンの主な最高金利である15%と、消費者金融の主な最高金利の18%を比較してみましょう。10万円をどれくらいの期間借りればどのように違ってくるのでしょうか。

 

30日間 90日間 180日間 365日間
金利15% 1232円 2465円 7397円 15000円
金利18% 1479円 2958円 8876円 18000円

 

どうでしょうか?一ヶ月なら数百円の金額が年間になるとかなり大きな差になってしまいますね。しかも、更に長く何年にも渡って返済した場合は金利として支払う金額はかなり大きくなってしまいます。

 

金利は下げてもらえるの?

お金を借りるのであれば、もちろん金利は低い方が嬉しいですよね。「5%~18%」のように幅があるので一番低い金利で借りたいところですが、初めてキャッシングを利用する場合は間違いなく一番高い金利が適用されます。なぜかといえば、金利はお金を借りる人の信用度によって決まるためです。利用限度額に応じて金利は細かく定められています。50万円であれば18%、100万円であれば15%といった具合です。キャッシング会社から見れば、初めてキャッシングを利用する人というのは本当にお金を返してくれるのか分からない存在であるため、返してもらえないリスクを考えて利用限度額を少なくします。そのため、金利が一番高くなってしまうのです。

 

借りたお金を毎回きちんと返していれば、キャッシング会社からの信用を得て利用限度額を増やしてもらえます。その結果、金利が下がるのです。反対に、お金を返すのが遅れると信頼を失い利用限度額を減らされてしまうため注意が必要です。