今すぐお金借りるなら!おすすめの即日融資でお金を借りる

今すぐお金借りる!即日でお金を借りるならどこ?

今すぐお金借りたい!と思った時にあなたはどのような方法を選択しますか?お金を借りたい状況というのは急に訪れるものです。そんな緊急時に冷静な判断で即日融資が可能なカードローンを利用するのか、周囲の人からお金を借りるのか、それ以外の方法にするのか自分の状況に合った正しい方法を選択しなくてはなりません。
 

まず、お金を借りるなら本当に今の自分にお金借りる必要があるのか慎重に考えることをおすすめします。私生活の浪費を抑えることでお金を借りなくても済むかもしれませんし、知人や家族から借りれるなら利息を支払うことなくお金を用意することも出来ます。

まいこちゃんによる解説

どうしても借りる必要があるんやったら、自分の収入に適した返済プランをしっかりと立てて無理のない借入れを考えんといけまへんなぁ。お金借りるなら知っておきたいこととして次のようなものが挙げられます。

即日融資でお金を借りる

即日融資は、その日のうちにお金を借りられる便利なキャッシングサービスです。今すぐお金借りるなら即日融資がおすすめです。
《注意点》
即日融資には事前準備が必要です。当日14時までの申し込みが必要なところもあるので特に時間には気を付けましょう。前日のうちに申込みの方法を確認して午前中には申込みを済ますというのがいいでしょう。
 
 

無利息でお金を借りる

短期間で返済できるという計画を立てられるなら無利息サービスをチェックしましょう。期間内に返済することで利息分の支払いを浮かすことが出来ます。
《注意点》
無利息は、期間の長さや対象となる借入額など利用する借入れによって違いがあります。自分の利用に合ったものを探しましょう。
 

低金利でお金を借りる

出来るだけ低い金利でお金を借りたいと思っているなら、消費者金融より金利の低い銀行カードローンをおすすめします。
《注意点》
金利に注目するならまず金利とは何か把握しておく必要があります。金利が低いからと安心して長期利用すると、返済額が膨らむ可能性があります。しっかりとした返済計画を立てて最短の期間で返済できるように心掛けましょう。自分が借り入れの際にどんなサービスを求めるべきなのかよく考えて、初めに自分が立てた計画通りにお金を借りることが重要です。
 
 

今すぐお金借りることのできるカードローンは?

今すぐお金を借りたい時に『即日融資・無利息・金利』という面でお金を借りるならおすすめなのは、カードローンのなかでもバランスの良いサービスを提供しているアコム・プロミス・SMBCモビットです。
 

アコム

 

注目POINT
スピードに加えて安定と安心を求めるならアコムです!
はじめての利用なら最大30日間無利息なのもポイントです。
サービス充実の公式アプリも人気の理由です。
 

おすすめ最短30分のスピード審査
おすすめはじめてなら30日間無利息!
おすすめ公式アプリ「アコムナビ」が便利!
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
詳細情報へ公式ページはこちら

 

プロミス

 

注目POINT
今すぐお金を借りたいという人の期待に応えてくれるプロミス!
最短1時間での融資が可能なので自分の都合に合わせて借り入れが可能。
お金を借りるだけでなくポイントサービスや国内外20万ヶ所以上で
優待サービス等があるのはプロミスだけ。
 

おすすめ審査時間は最短30分

おすすめ30日間無利息サービス

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
おすすめ土日祝でも振込可能
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録が必要

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
詳細情報へ公式ページはこちら

 

SMBCモビット

 

注目POINT
SMBCモビットは、三井住友銀行グループ傘下のカードローン!
プライバシーを守って誰にも会わずに来店不要でお金を借りれます。
公式アプリを使えばセブン銀行ATMでスマホだけで入出金が可能。
ちょっと足りない時にも時間をかけずに利用できる!
 

おすすめ安心と信頼の三井住友銀行グループ

おすすめ10秒で簡易審査結果表示

おすすめ公式スマホアプリが便利

実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 10秒で簡易審査結果表示
融資時間 最短即日
詳細情報へ公式ページはこちら

※1:14:50までの振込手続き完了で当日融資可能。審査結果によりご希望に沿えない場合があります。
 

目次

 

今すぐお金を借りるならどこで借りる?

今すぐお金を借りる時にどのような選択をするのかを独自アンケート調査した結果、家族や友人など身近な人からお金を借りた方が3割なのに対して、ほぼ半数の46%の方が消費者金融や銀行などのカードローンで借入れを行ったという結果が得られました。
 
どこでお金を借りましたか?のアンケート
調査対象:お金を借りた経験のある方200人(※独自アンケート調査について)
 
そんな多くの方が利用されるカードローンには、CMや広告で見かけるような大手消費者金融。知名度は低いですが全国に数多く存在している中小消費者金融。メガバンク等の銀行が行っている銀行カードローンなど多くの種類が存在しています。お金借りるなら自分はどこを選べばいいのか、それぞれどのような特徴があるのか確認してみましょう。
 

 企業名実質年率限度額無利息期間特徴
大手消費者金融アコム3.0%~18.0%800万円初回30日間審査時間最短30分で融資時間最短1時間というスピード重視の方にオススメの消費者金融!大手の安心感で人気!初回30日間金利0円!
プロミス4.5%~17.8%500万円初回30日間お急ぎの時にも簡単3ステップでWEB完結!即日融資可能!顧客サービスが充実。
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円-WEB完結が可能なので、今すぐ内緒で借りたいという方には最適!電話連絡や郵送物なしでお金が借りられます。
レイク4.5%~18.0%500万円 初回30日間
/180日間
選べる2つの無利息期間。自分に合わせた無利息期間が選択可能です。
ノーローン4.9%~18.0%300万円 1週間(何度でも)何度でも繰り返し無利息が使える。(全額返済の翌月以降)
中小消費者金融アロー15%~19.94%200万円-審査時間最短45分!名古屋に本社を置く安心の消費者金融。
エイワ17.9~19.9%50万円 -小口融資で対面与信という顧客のことを中心に考えてくれる安心できるカードローン。
スペース8.0~18.0%500万円-店頭に来店して申込みをすることで即日融資可能!
フクホー7.30%~18.0%100万円 -創業45年の実績がある消費者金融。女性専用で安心できるレディースキャッシングもあります。
ライフティ8.0%~20.0%500万円 初回35日間はじめての方は35日間利息0円!保証人不要で即日融資可。借入・返済で貯めたポイントを楽天Edyやnanaco等のギフト券に交換可。
銀行イオン銀行
カードローン
3.8%~13.8%800万円-イオン銀行口座があれば即時振込(WEB完結)可能!イオン銀行ATM、イーネット、ローソンATMで手数料無料。
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
1.8%~14.6%500万円-メガバンクの三菱UFJ銀行のカードローン。低金利で提携ATMのご利用時に手数料原則無料。

 
 
比較すべきポイントは、上限金利や無利息期間の有無など金利に関することが最も重要視される点ではないでしょうか。長期の借り入れを考えているなら金利は低い方が良いでしょうし、短期間で返済可能という方であれば無利息期間を利用して利息をかけずにお金を借りた方が良いでしょう。
 
ただ、金利以外にも比較ポイントは存在します。大手消費者金融・中小消費者金融・銀行それぞれにどのようなメリットとデメリットが存在するのか確認してみましょう。
 

 メリットデメリット
大手消費者金融審査が早く即日融資に対応している。無利息期間がある会社が多い。サービスが充実。銀行より金利が高め。総量規制の対象。
中小消費者金融全国に数多くの店舗がある。地域密着型で顧客に柔軟な対応で接してくれる。大手消費者金融より金利が高め。お金の受取りが店舗の場合がある。営業時間が短い。大口融資には向いていない。
銀行有名銀行が運営しているので安心感がある。金利が低い。自動融資機能がある。審査が厳しい。審査時間がかかるので即日融資が難しい。

 

金利で選ぶなら銀行のカードローン

どのカードローンよりも低い金利が特徴の銀行カードローン。誰もが知っているようなメガバンクの三菱UFJ銀行や三井住友銀行、ネットサービス系の楽天銀行、流通系のセブン銀行やイオン銀行など名前を聞くだけで安心してお金を借りられると思えるのが銀行のカードローンです。ほとんどの銀行の上限金利が15%を切ります。大手消費者金融でも18%程ということからもその金利の低さがわかります。でも、良いことばかりではありません。審査は消費者金融に比べて厳しくなったり、審査通過まで時間がかかる等のデメリットがあります。
 

借りやすさが魅力の中小消費者金融

審査で不安な面のある方は、借りやすさが魅力で全国各地に多く店舗を構えている中小消費者金融でお金を借りるのがいいでしょう。大手消費者金融に比べて不安に感じる方も多いようですが、実は大手消費者金融と比べても圧倒的に数が多く、地元で地域密着の営業をしているので顧客に柔軟に対応してくれます。ただし、融資が店舗で対面での直接受け渡しに限られたり、限られたエリアで営業している為に地域が離れていたりすると利用が出来ないことがあります。また、営業時間も夕方までなど限られてる店舗も多く利便性という面では利用しづらい面があります。
 

即日融資でお金を借りるなら大手消費者金融がおすすめ

モビット店舗
 
銀行と中小消費者金融それぞれにメリットデメリットがあるわけですが「即日融資でお金を借りたい!」と希望しているお急ぎの方には、大手消費者金融がおすすめです。大手消費者金融の審査時間は銀行に比べると比較的早く、スムーズに行けばその日のうちに融資を受けることが出来ます。また、中小消費者金融に比べて各社が全国展開しており、コンビニや銀行ATMなどが提携ATMとして利用できるなど利便性は抜群です。また、お問い合わせは24時間受け付けているので困った時にいつでも相談できるので安心です。
 
 
【⇒今すぐお金を借りるなら!おすすめの大手消費者金融はこちら
 

今すぐお金を借りる場合、どっちがお得?

即日融資を希望していて大手消費者金融で今すぐお金を借りる場合に、比較してどこに差があるのかを知ることで自分がお金を借りるならどっちがお得かがわかります。
 

そこで、大手消費者金融の中でも有名なプロミスとアコムを比較してみましょう。両社共に今すぐお金借りるという希望がある時の即日融資の対応はもちろんのこと、大手消費者金融ならではのサービスを行っている業者でスマホから簡単に申込みができるなど利用のしやすさも特徴の一つです。
 

 プロミスアコム
即日融資可能可能
上限金利17.8%18.0%
無利息開始初回出金の翌日から契約日の翌日から
提携ATM設置率、提携ATM共に豊富設置率、提携ATM共に豊富
返済期日5日、15日、25日、末日から選択前回ご返済日の翌日から数えて35日目。または毎月指定日払い
会員サービス公式アプリ、優待サービス、ポイントサービスなど公式アプリ

 

金利はどっちがお得?

消費者金融の金利は利息制限法で上限20.0%と定められています。これ以上の金利で貸付することはできないようになっています。
 

アコムは3.0~18.0%、プロミスでは4.5%~17.8%で金利が設定されています。お金を借りる際、チェックしておきたいのが、この「最高金利」ですね。プロミスの方が0.2%低く設定されています。「0.2%だけならそんなに変わらないのでは?」と思いますが、借り入れ額が大きい場合、影響も大きくなります。もし多めに借り入れを検討している場合には、金利が低いプロミスでの借り入れの方がよいでしょう。
 

なお、アコムもプロミスも公式サイトで返済シミュレーションを用意しています。申し込み前に希望の借り入れ額を入力して、利用するイメージを付けておくことをおすすめします。
 

無利息期間の違い

無利息期間とは「借入れから一定期間は支払利息が発生しない期間」を言います。無利息期間内に自分が借りたお金をキッチリ完済すれば、利息はかかりません。アコムとプロミスもこの無利息期間を設けており、どちらも「30日間」となっています。
 

期間は同じですが、「無利息期間」と認定されるタイミングがそれぞれ異なっていますので要注意です。アコムは契約日の翌日から30日で、プロミスは借入日の翌日から30日となっています。そのためアコムは契約してすぐにお金を借りないと無利息で利用できる日数が減ってしまいます。「契約しても実際にお金を借りるのは数日後になる」という方は、借入日の翌日から30日という条件のプロミスがいいでしょう。なお、この30日間の無利息期間は「はじめて申込の方限定」となっています。この点も注意しましょう。
 

提携ATMの利便性が高いのは?

プロミス、アコムともに振込融資サービスをパソコンやスマホから簡単に申し込むことが出来ます。提携ATMで出入金をする際には、自分が日ごろ使っている銀行やコンビニなどのATMから引き出せることが一番スピーディーに融資を受けることができます。逆に自分が利用しないような場所でしかお金が借りれないとかなり不便です。このあたりを考慮して、自身にとって利用しやすい方を選びましょう。
 

両社のカードが利用できる提携ATMを確認してみると、プロミス・アコムともにATMの設置率や、 提携している銀行の数は他社に比べると圧倒的に多いことがわかります。もちろん両者とも自社のATMは24時間手数料無料です。手数料はかかりますが便利なコンビニATMでお金を借りる場合は両社遜色はありません。そんな中でも、プロミスは各地域の郵便局などに設置されている、ゆうちょ銀行のATMでの取引が可能です。自分がよく利用する場所でどちらが利用しやすいか選びましょう。
 

返済しやすいのは?

「毎月返済していれば問題ないんでしょ?」と適当に考えていると、比較の際に見落としがちなのが返済日の違いです。自分の収入のある給料日前やクレジットカードやローンなどの支払い直後などが返済期日だと毎月の返済が苦しくなります。自分の都合に合った返済ができるのはどちらかというのを考えてみましょう。
 

プロミスは、5日、15日、25日、末日の中から自分の都合に合わせた日にちを選択することが出来ます。給料日が25日なら末日にしておくことで返済が遅れることが無いでしょうし、クレジットカードの支払いが月末の方なら末日の返済を避ける方が良いでしょう。
 

アコムなら前回の返済から35日周期の返済か毎月指定日の返済となります。毎月指定日の返済であればプロミスと同じく自分の都合に合わせて返済日を指定すればいいですが、35日周期の場合には返済を忘れないように気を付けましょう。
 

会員向けサービスはどっちがいい?

数多くある消費者金融の中でも特に会員向けのサービスが充実しているのがプロミスでしょう。
 
プロミス店舗
 
いい意味で消費者金融を利用しているとは思えないほどサービスが充実しています。まず、提携先のレジャー施設やグルメスポットなど様々な施設で優待を受けることのできる「おとくくらぶ」です。優待やクーポンなら利用したことがあると思った方もいるでしょう。しかし、このようなサービスを消費者金融で行っているのはプロミスだけではないでしょうか。プロミスを利用するならぜひ利用したいお得なサービスです。
その他にも、プロミスの各種サービスの利用で貯まったポイントを提携ATM手数料一定期間無料や無利息サービスなどに利用することが出来たりもします。
 

キャッシング利用の際にはこんなサービスもあります。
キャッシング利用時の便利なサービスのページへキャッシング利用時の便利なサービス
 

プロミスの詳しい情報

 

どんな時にキャッシングでお金を借りる?

今月は大きな出費が重なり飲み会の誘いが重なり
不幸に見舞われ大ピンチこんな時こそ役立つキャッシング
キャッシングを利用して大ピンチを乗り越えられた

 

こんな時に役立つキャッシングのポイント
キャッシングのストロングポイントは、困った時にすぐにお金を借りることが出来るところ。給料日前の予測不能な出費にも役立てることが出来ます。次の給料で返済できる程度の借り入れなら、給料日に返済することで無利息期間内に返済なんてことも可能ですね。また、引越しでお金を借りるなど、想定外にお金が必要になってしまった場合にも利用できます。
 

ただし、すぐに借りれるということがウイークポイントにもなりえます。一度借りてしまうと、誰にも気遣うことなく利用することが出来るので簡単に何度も利用してしまうのです。計画的であれば問題はないのですが「お金を借りている」という自覚が薄まっていくと問題です。キャッシングをする際には気を付けたいですね。
 

お金借りる時の注意点

お金を借りる時には、事前に頭に入れておきたい注意点があります。お金を借りる前に確認しておきましょう。
 

お金を借りる方法としては、自動車ローンや住宅ローンなど目的に合わせたローンを組んだり、時には質屋でお金を借りるなどの方法もありますが、カードローンでのキャッシングは予期しない急な出費や予想以上にお金が必要になった時などに素早く使える大変便利なサービスです。
 

必要な書類や申込みの流れなどは、お金を借りる前に知っておきましょう。スマートフォンやパソコンを使ってウェブ上から申込みをするとプライバシーを守ることができます。金利はお金を借りた日数分だけ発生する日割り計算なので無駄がありません。
 

ですが手軽で簡単に利用できるだけに、自己管理をしっかりしないと借り過ぎて返済に困ってしまう事もあります。お金を借りる時は「何にいくら利用するのか」という利用目的をしっかりと決めて、必要な金額以外のお金を借りないことが重要です。
 
カードローンを選ぶときは金利や限度額といった基本スペックは当然として、今どのようなキャンペーンが実施されているのか、どこのATMが対応しているのか等も確認しておきましょう。
 

お得なキャンペーンを逃してしまったらもったいないですし、近くにあるATMでお金を借りることができないのであれば不便です。ここからは具体的に、キャッシングを利用するときに確認しておきたいポイントをお話しします。
 

いくらお金借りたいのか

自分がいくらお金借りたいのかはっきりさせましょう。手元にあるお金が多いと人は安心するものですが、必要以上にお金を借りてしまうとその分だけ返すのが難しくなります。借りる金額が多くなるとかかる金利も増え、返す期間も長くなってしまうためです。無利息期間の制度があるキャッシングサービスを利用すれば、その期間内にお金を返すことで金利がかからなくなるのでお得です。もちろん、無利息期間があるといっても余分なお金を借りないに越したことはありません。
 

ちなみにお金を借りた経験がある方はいくらくらいのお金を借りているかというと、200人にアンケートをとった結果1/4の59人の方が5万円以下という低金額で、ほぼ半数の90人の方が10万円以下という結果が出ました。多くの方は返済のことを考えて、高額な借り入れではなく低金額でお金を借りているようです。
 
いくらお金を借りましたか?のアンケート
調査対象:お金を借りた経験のある方200人

まいこちゃんによる解説

必要な金額だけを借りて、できるだけ早く返す。これがキャッシングを利用するときの鉄則どす。


 

どれくらいの金利でお金借りたいのか

お金を借りるときにまず気になるのが、金利です。「5%~18%」のように幅がある形で表記されているのが一般的ですが、初めてお金を借りる場合は一番低い5%の金利が適用されることはありません。借りる金額が多いほど、借りる人が信頼できるほど、金利は低くなります。初めてお金を借りるのであれば金額は少なめと考えられますし、キャッシングサービスの側からすればその人が本当にお金を返してくれるのか分からないため、金利が高くなってしまいます。

予め一番高い金利を基準に返済額を計算しておけば、お金を返すときに「思っていたよりも返済額が多い」と慌てることはありまへん。


 

いつまでにお金借りたいのか

自分がいつまでにお金を借りたいのかということも重要です。最近では申し込んだその日にお金が借りられるキャッシングサービスも増えており、キャッシングの審査や手続きに要する時間は驚くほど短くなっています。お金を借りる側からすればありがたいのですが、このような即日融資にはいくつかの条件がついています。多いのは「14時までに申し込み手続きが完了していること」といった時間制限です。今日中にどうしてもお金が必要だと分かった場合、その時点から申し込んで即日融資が可能なキャッシングサービスがあるのかを急いで確認しましょう。

まいこちゃんによる解説

即日で確実にお金を借りるなら、早く行動することが必要どす。出来るだけ早く行動を起こさなあきまへん。


 
 

家族や旦那にバレずにお金を借りるには?

借金をしているイメージはどんな理由であれ良くはないものです。多くの方が家族や旦那にバレずにお金を借りれないかと思っているのではないでしょうか。自分が借金をしていたと周りに話が出来るのは完済して心にゆとりが持てた時です。お金を借りた際に人に内緒で借りたかというアンケートの結果、半数を超える55%の方が内緒で借りたという結果が出ました。このアンケートでは、家族や友人・知人から借りたという方が3割含まれているのでその方々には内緒で借りれなかったということも考えると内緒で借りたかったという方はもっと増えると思われます。
 
人に内緒でお金を借りましたか?のアンケート
調査対象:お金を借りた経験のある方200人
 
やはり基本的に借金をしている間は、誰もが上司や友人に知られたくないと思い、家族や旦那にはバレたくないと考える人が多いようです。
 
では、どのような時に借金がバレてしまうのでしょうか。勤務先へ知られるかもしれないと一番気になるのは審査時に会社にかかってくる在籍確認の電話です。基本的にはキャッシング会社とは名乗らずわからないように電話をしてきてくれるので大きな会社では、本人が会社にいるかどうかの電話がかかってきたところで問題ないでしょう。しかし、少数の社員しかいない会社や本人に電話がかかってくることなんて滅多にない会社では「何の電話?」と思われることもあるでしょう。気になる時は、キャッシング会社に相談してみましょう。
 
家庭にバレない為に注意したいのは、あたり前のことですがローンカードを家族の目につくような所に置かないことです。財布や背広の内ポケットなど何かの拍子に見られてしまうような所にしまうのも気を付けた方がいいでしょう。
 
 

消費者金融以外でお金を借りる方法

お金を借りる方法として消費者金融を選択する方は多いのですが、消費者金融でお金を借りるデメリットももちろんあります。その中でも一番のデメリットは、利用時の金利です。金利面ではどうしても銀行カードローンや生活福祉資金よりも高金利となってしまい負担も増えてしまいます。返済が長引いてしまった場合などは特に負担が大きくなります。金利面だけで言うならば、低金利で利用できる銀行カードローンや生活福祉資金でお金を借りた方がお得と言えます。
 
お金を借りる選択肢は、決して消費者金融だけではありません。自分の属性やお金の使用用途、必要とする金額などに合ったお金の借り方というのは存在します。消費者金融以外でどのようなお金を借りる方法があるのか紹介したいと思います。
 

銀行でお金を借りる

お金を借りるにあたって借り入れする会社の信頼性や安心感で選択する方もいらっしゃるでしょう。そういう方には、銀行カードローンがおすすめです。誰もが知っているメガバンクや馴染みのある地元の地方銀行など、普段自分が利用している銀行のカードローンならば借り入れや返済がスムーズに行えます。特にメガバンクのカードローンならば多くの箇所にATMがあるので利便性がいいでしょう。消費者金融からお金を借りれいるところは見られたくないという場合にも銀行のATMなら安心して利用することが出来ます。
 

利用しようとしている銀行の口座保有やローンを組んでいると金利の引き下げなどの優遇のある銀行もあるようです。これは、消費者金融や生活福祉資金にはないサービスです。
 

銀行でお金を借りるならこちらも参考にどうぞ⇒全国銀行協会:教えて!くらしと銀行
 
 

市役所でお金を借りる(生活福祉資金貸付制度)

消費者金融の審査の時は、最低限「安定した収入」がなければなりません。銀行カードローンの場合は、更に収入に関する審査が厳しいと言われています。そんな収入に不安のある方でも市役所でお金を借りる(生活福祉資金貸付制度)という方法があります。それは、都道府県社会福祉協議会が実施している市役所(生活福祉資金貸付制度)でお金を借りる方法です。
 

生活福祉資金貸付制度とは?

生活福祉資金貸付制度とは、低所得の世帯、障害者世帯、高齢者世帯などに対して行っている貸付制度で、世帯に対して経済的な支援や援助といったような意味合いの強い貸付となります。仕事がなくなってしまったことによる収入の激減などに対応した総合支援資金や突然の怪我でお金が必要な方が対象の福祉資金など、生活の中で本当にお金に困って困窮している時に助かる貸付です。また、奨学金を利用して子供を学校に通わせようと思っても、その支払いさえ厳しくて入学や学費の支払いに困っている世帯には教育支援資金という貸付が用意されています。
 

このように幅広い案件に対応した貸付が用意されているわけですが、普通のお金の借入れとは違い公的機関の貸付なので審査はかなり厳しいと言われています。しかし、自分の条件が合い、審査に通過すれば低所得の方でもお金を借りることが可能です。
 

生活福祉資金について
 
「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。
 
本貸付制度は、都道府県社会福祉協議会を実施主体として、県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となって実施しています。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等世帯単位に、それぞれの世帯の状況と必要に合わせた資金、たとえば、就職に必要な知識・技術等の習得や高校、大学等への就学、介護サービスを受けるための費用等の貸付けを行います。

引用:生活福祉資金|全国社会福祉協議会
 


 
 

住宅ローンでお金を借りる

お金を借りる目的がハッキリと決まっている場合は、その目的に合わせたローンを利用するという方法があります。多くの方が知っているところでは、住宅の購入時に利用される住宅ローンがあります。
 
住宅の購入は人生最大の買物と言われるだけあって、かなり金額の高いローンが組まれます。このような何百万円や何千万円というような高額な商品の購入は、大金持ちでもない限り全くお金を借りることなく購入する方のほうが少ないのではないでしょうか。高額な商品だけに返済には時間がかかってしまいますが、手元に全額を支払うお金が無くても住宅を購入できるということが一番のメリットです。
 

(1)公的ローン
公的ローンでは、「財形住宅融資」が代表的です。勤務先で1年以上財形貯蓄を続け、残高が50万円以上ある人を対象とした融資で、財形貯蓄残高の10倍(最高4,000万円)の範囲内で、購入費用の80%まで借りることができます。また、自治体が行っている住宅融資もあります。ただし、最近は「融資あっせん」や「利子補給」といった支援制度が一般的になっています。
 
(2)民間ローン
民間ローンは、銀行のほか、生命保険会社、農協(JA)、ノンバンクなどの様々な金融機関が扱っています。金融機関や商品によって融資限度額や適用金利、商品タイプ、手数料などが違ってきます。
 
「フラット35」は、民間金融機関が住宅金融支援機構と提携した住宅ローンで、提携先となる民間金融機関によって適用金利や手数料が異なります。また、住宅金融支援機構が定める住宅の技術基準に適合していることなどの条件があり、すべての住宅で利用できるわけではありません。
フラット35の優良住宅取得支援制度である「フラット35S」は、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性などの要件を満たす住宅を取得する場合に、金利の引き下げを受けることができる制度です。

住宅ローン借入れ先について

引用:正しい住宅ローンの選び方 | 公益社団法人 全日本不動産協会
 
 

教育ローンでお金を借りる

高額な商品の購入以外にも私たちの生活の中には、色々な目的に合わせたローンが多くあります。子供がいる家庭なら子供の学費や授業料等の教育費に利用できる教育ローンがあります。子供が生まれた当初は、子供の将来を養って行けるだけの余裕があったとしても、数年後生活が厳しくなり子供を学校に通わせるのお金を捻出するのも難しくなってきたという家庭もあります。お金が無いからといって学校には行かせないという選択をすることは難しいですよね。そんな時に頼りになるのが教育ローンです。教育ローンには、国の教育ローンである教育一般貸付や銀行の教育ローンなどがあります。教育ローンは、小学校から大学まで学校に通う為にかかる様々な費用に利用することが可能です。利用することで子供を学校に通わせて後から時間をかけて返済をすることが出来ます。
 

奨学金を利用してお金を借りる

また、教育ローン以外で学生が学校で勉強する為にお金を借りたいと思っているなら奨学金を利用してお金を借りるということも可能です。日本学生支援機構(JASSO)の奨学金には、国内の奨学金と海外留学のための奨学金があります。
 

【国内の奨学金】
国内の大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ人を対象とした奨学金には、利息の付かない第一種奨学金 と、利息の付く第二種奨学金があります。これらとあわせて入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。
 
【海外留学のための奨学金】
外国の短期大学・大学・大学院に短期留学をする国内の大学等に在学する学生、学位取得を目的として積極的に海外の大学院に進学を希望する人、「海外留学支援制度」による給付を受ける人を対象としたものがあり、利息の付かない第一種奨学金と、利息の付く第二種奨学金があります。これらとあわせて入学(留学)時の一時金として貸与する留(入)学時特別増額貸与奨学金(利息付)があります。

引用:奨学金の種類-JASSO
 

奨学金の利用は、学費だけでなく教材費はもちろん、下宿や食費などにかかるお金にも利用することが可能です。ただし、頼りすぎると返済が大変になるので借りすぎには注意が必要です。
 
 

JAバンクのカードローンでお金を借りる

JAバンクと聞くと、リスがダンスをしているCMを頭に浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。JAとは「農業協同組合(農協)」のことで、そのJAと農林中央金庫、信用農業協同組合連合会で構成しているのがJAバンクです。
 

金融サービスの利用者も多く、全国に約7,800の店舗があり民間最大級の店舗数を誇ります。消費者金融のように気軽にお金を借りることの出来るカードローンを始め、マイカーローン、リフォームローン、教育ローン等、生活に関わる様々なローンが用意されています。各種ローンは、インターネットから24時間365日仮申込が可能なので思い立った時にすぐに申し込むことが出来ます。
 
 

JFマリンバンクのカードローンでお金を借りる

JFマリンバンクと言われても聞いたことがないという方が多いかもしれません。JFとは、漁業協同組合のことで主に漁協貯金を中心に、漁業をされている方が利用されることの多い金融サービスです。
 

しかし、漁業に関係した仕事をしていないと利用できないのかというとそういうわけではありません。漁業以外の職種で働いている方でもJFマリンバンクでお金を借りることは可能です。JAバンクに比べると規模は小さいですが住宅ローン、マイカーローン、教育ローン等の各種ローンに加えて気軽に利用可能なカードローンも用意されています。
 

店舗が少なく利用しにくいのではないかと思われそうですが、JAバンクや信用金庫・信用組合、ゆうちょ銀行やコンビニATMでも入金・出金が可能なので心配はいりません。
 
 

ゆうちょ銀行でお金を借りる

多くの人が知っていて、利用者も多く、都会ではない田舎にも必ずあるのが郵便局です。そんな郵便局のゆうちょ銀行でもお金を借りることが可能なのを知っていますか?ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は、「貯金を担保とする貸付け」「スルガ銀行のカードローン」などがあります。
 
貯金を担保にする方法は「貯金担保自動貸付け」といいます。ゆうちょ口座の残高が不足している時に「定額貯金」または「定期貯金」を担保にして、自動的に借り入れすることができるので審査を受けることなくお金を借りることが可能です。返済時はゆうちょ口座に入金すればいいので、手軽に返済することが可能となっています。
 
ゆうちょ銀行は、スルガ銀行のカードローン「したく」の契約を媒介しているという特殊な状態になっています。利用したい場合は、ゆうちょ銀行の店頭窓口か電話やインターネットからの申し込みが必要です。保証人・担保が不要となっているため、誰にも知られずにお金を借りたい場合はこちらの方法がおすすめです。ちなみに、即日融資に対応はしていません。
 
 

ろうきん(労金)でお金を借りる

ろうきん店舗
 
ろうきんと聞いてどのような組織か説明できる方は少ないかもしれません。ろうきんとは、労働金庫の略称で労働組合や生協が出資して作った協同組織の金融機関のことを言います。歴史は古く、戦後1950年(昭和25年)に岡山と兵庫に労働金庫が設立されたのが始まりとなっています。
 
業務としては、預金はもちろんのこと各種不動産担保ローンや無担保ローン等、銀行と同様の業務を行っています。ただし、営利を目的として運営していないという点では銀行の運営と異なります。北海道から沖縄まで全国各地に13箇所にろうきんがあり、利用メンバーは全国で約1,000万人と多くの方が利用されています。
 
ろうきんATM
 
カードローンサービスとしては、利用目的を問わないマイプランというものが用意されています。消費者金融や銀行カードローンと比べても低金利で利用可能というのが大きな特徴です。しかし、ろうきんでは一般のカードローンとは違い分けられた3つの分類によって金利が変わってきます。自分の勤務先が労金に出資している公務員などの団体会員の構成員の方は、年3.875%〜年7.075%。生協に所属されている方でその生協がろうきんに出資されていて、生協組合融資制度(コープローン)を導入されているなら、その生協会員の組合員とその家族の方は、年4.055%〜年7.255%。全国各地にあるろうきんの管轄地域で勤務または居住されている一般の労働者の方は、年5.275%〜年8.475%という金利での利用となります。
 
消費者金融等と違い、申込みから借入れまでにかかる期間が1か月以上と即日での融資はできません。ろうきんでお金を借りることが向いている方としては、現在ろうきんを利用している方(特に団体会員の構成員の方)。低金利でローンを利用したい方で借入れまでに時間がかかっても構わないという方におすすめです。
 

日本政策金融公庫でお金を借りる

中小企業を経営している方や個人事業主の方が開業資金や企業の再建に関わるお金を借りることが出来るのが「日本政策金融公庫」です。企業経営に関わるお金ということで借りるお金はかなり大きな金額となるので安心できる会社かどうか気になるところですが「日本政策金融公庫」は国が出資している財務省所管の会社なので安心です。
 
審査は、カードローンとは違い厳しい審査が行われます。期間としても1か月以上かかってしまう可能性もあるのでお急ぎの場合はビジネスローン等からの借り入れを考えた方がいいかもしれません。
メリットとしては、銀行などで借りるよりも低金利で借り入れができることです。事業者によって異なりますがほとんどの事業者が3%以下の低金利となっています。また、実績不足によって銀行などから融資を断られた方でも、企業の支援を積極的に考えている日本政策金融公庫なら融資を受けられる可能性があります。
 
企業経営の方以外には関係のなさそうな日本政策金融公庫ですが実は教育ローンも行っています。入学や在学資金、資格取得の資金にも利用できる教育一般貸付というもので年1.76%という安心の固定金利で貸付を行っています。こちらは国が行っている教育ローンとして多くの方に利用されています。
 
教育資金を借りるなら国の教育ローンが安心のページへ日本政策金融公庫の教育ローンをもっと詳しく
 

定期預金担保貸付でお金を借りる

定期預金担保貸付は、銀行に預けている定期預金を担保にお金を借りることができるシステムです。
 
一般的なカードローンや貸付制度に比べて圧倒的に低金利で利用でき、特に面倒な手続きもなく利用できるため、銀行に定期預金をお持ちの方にはおすすめの借入れ方法です。
 

定期預金担保貸付のメリット

定期預金担保貸付のメリットは以下のようなものが挙げられます。
 

カードローンに比べて低金利

定期預金担保貸付の一番のメリットは定期預金を解約することなく、年率1%以下~1%台という低金利でお金を借りれることです。低金利な部類に入るカードローンと比べてもその差は明らかなうえ、金利が一定なので利用額の大小に関わらず低金利で利用できます。
 

借入れ時に審査がない

定期預金担保貸付は借入時の審査がなく、普通預金の残高を超えると自動的に融資されます。借入れは総合口座からATMでお金を引き出すのと同じ手順で行え、総合口座の残高が0になってもお金が引き出せる代わりに、不足分が通帳にマイナスとして表示されます。
 

定期預金残高の90%まで借入れ可能

限度額は殆どの銀行が「定期預金残高の90%まで」となっていますが、これとは別に200万円~500万円の上限が設けられています。返済は総合口座へ入金するだけで完了し、限度額の範囲内であれば繰り返し借入れができます。
 

定期預金担保貸付のデメリット

利用しやすい定期預金担保貸付ですが、以下のようにデメリットもあるので注意しましょう。
 

お金を借り過ぎてしまう

審査もなく手軽に利用できる反面、必要以上にお金を借り過ぎてしまいがちです。低金利といってもお金を借りていることに変わりはないので、こまめに記帳して残高を確認するなど、自己管理を徹底しましょう。
 

返済期限は定期預金の満期日まで

通常、定期預金担保貸付は返済期限が定期預金の満期日までと決まっており、返済できない場合は定期預金から差引かれてしまいます。
 
 

生命保険を担保にお金を借りる

お金が無いからと言って、いま契約している生命保険を解約して解約返戻金を受け取ってしまっては今後すべての保障が受けられなくなります。そんな時に利用したいのが解約返戻金を担保にしてお金を借りることの出来る「契約者貸付制度」です。
 
貯蓄型の生命保険に加入していれば、「契約者貸付制度」を利用して融資を受けられることがあります。この融資に対応している保険の場合、これまでに支払った保険料によって融資を受けられる金額が変わります。その時点で解約した場合の解約返戻金によって上限が決まり、長く加入している場合ほど多くの金額を借りることができる仕組みです。
 
カードローンを利用するより低い金利でお金を借りることができます。元々自分が積み立てているお金を一時的に返してもらうだけということもあり、年利5%前後で借りられることがほとんどです。ただし、金利は安いですが返済が遅れると、担保の解約返戻金が返済金に充てられたり。返済が滞ってしまった場合は、保険自体が解約ということにもなりますので注意して下さい。
 
お金を借りれる条件としては、現在保険を契約している方が対象となるので、お金を借りたいからいまから保険を契約するとか、過去に保険を契約してたという方は利用することが出来ません。多くの貯蓄型の生命保険はこの融資に対応しているので、お金に困った時は加入している保険会社に問い合わせてみましょう。
 
参考:契約者貸付|公益財団法人 生命保険文化センター
 
 

結婚式のためにお金を借りる

結婚式というのは結構な金額のお金がかかるものです。自分に結婚式を盛大に行えるほどお金に余裕がなくても結婚を決めるとその日は近づいてきます。予算を組む時にある程度節約ができるとしても一生に一度の晴れ舞台でケチってしまい後々後悔したくないという気持ちもあるでしょう。そんな時に結婚式や披露宴などの費用に利用できるブライダルローンを利用することでお金の不安を補うことが出来ます。結婚式の費用を全額ブライダルローンで補ってしまうと後の新婚生活に響いてしまうので自分の用意できる予算で足りなかった部分をブライダルローンで助けてもらうというカップルも多いようです。ブライダルローンをうまく使ってお金を借りることによってお金の不安を減らし、充実した生活を送ることが出来ます。
 
カップルの味方!結婚式のためにお金を借りるのページへカップルの味方!結婚式のためにお金を借りる
 
 

母親や祖父母からお金を借りる

切羽詰まってしまった時の一番安全でリスクの少ないお金を借りる方法として真っ先に誰もが思いつくのが自分の身近な人、つまり父親や母親、祖父母からお金を借りるということではないでしょうか。
 
カードローンとは違いもちろん無審査で借りることが可能ですから収入の有無や年齢の制限もありません。しかし、自分を知っている人間だからこそ借りやすいけども揉めやすいともいえます。お金に関するお願い事は、身近な人間であればあるほど相手も断りにくいものです。それを理解した上でお金を借りる時は身近な人であっても普段の約束事以上にちゃんとした態度でお願いしましょう。自分がなぜお金が必要なのかを正直に伝えて真摯な態度でお願いすることが後々揉めないコツです。
 
また、大手消費者金融や銀行カードローンの審査が立て続けに落ちてしまうと、もう自分にはお金を借りるところがないと思い込んでしまう方もいるようですが、比較的審査のハードルが低いといわれる中小の消費者金融に相談するのもひとつの手です。利便性が少し悪いところはありますが地元密着で顧客に真摯に接してくれるのでお金を借りることの出来る可能性もあります。
 

クレジットカードを使ってお金を借りる

急にお金が必要になった!次の給料日までお金がもたない!など、今すぐにお金が欲しいという状況に陥ることは誰にでも起こり得ることです。しかし、どうしても今すぐにお金が用意できない時はあります。すぐに借りたいという事ならば、クレジットカードをお持ちの方であればキャッシング枠を利用してクレジットカードでお金を借りる方法があります。クレジットカードに付帯している機能ですから、一から審査を受けることなくお金を借りることが出来るので非常に便利です。
 

しかし、クレジットカードでお金を借りた場合はどうしても金利が高くなってしまいます。お金を長期間借りる時は最終的に支払う利息が高額になってしまう可能性もあるので注意しましょう。
 
 

質屋を利用してお金を借りる

お金を手にする方法として、ネットオークションやフリマアプリなど物をお金に換えるという方法がありますが、実は昔から物をお金に換える方法はありました。その代表的な方法としてあげられるのが質屋でお金を借りる方法です。質屋と聞くと古臭く怪しい存在というイメージを持つ方もいるようですが、実は利用方法を理解した上で賢く利用をすれば簡単に利用することが出来ます。
 
利用方法を簡単に説明すると、質屋に商品を質入れという形で預けて、その商品の価値に応じた金額のお金を借りるという流れになります。よく質入れされる商品としては、価値の高いブランドバッグや高級時計、アクセサリーなどですがそれ以外の商品でも趣味で利用されることのあるゴルフバッグやカメラやパソコンなどの電化製品などを取り扱っている質屋もあります。質入れした商品は、担保として扱われるので、期限内に借りた金額を返金できなければ質流れとなり、質屋の物となって質屋の店頭で販売されます。商品を手元に戻したいと思っているならば注意が必要です。
 
 

生活サポート基金を利用してお金を借りる

お金の借り方を失敗してしまった場合や思いがけないトラブルで借りたお金の返済が出来なくなった場合にはどうしようもないのでしょうか?そんな方にお金のサポートをしてくれる貸付事業があります。それは、一般社団法人の「生活サポート基金」というものです。
 

国が運営している金融機関ではありませんが内容はしっかりとしていて、カードローン等のようなお金を貸すということを主な目的とはしておらず、お金でしくじってしまった生活の立て直しが目的となっているので多重債務や借金生活から抜け出せない方をしっかりとサポートしてくれます。個人の信用情報によって金融機関からお金を借りれない方や、公共料金や家賃などの滞納にも対応してくれます。
 

お金の貸付を希望される方には、生活サポート基金の生活再生ローンを利用することで生活の再生が見込める方であることや、現在無職という方が対象外などの条件があります。貸付条件をクリアして審査を通過すれば、年12.5%以内という金利でお金を借りることが可能です。
 

通常金融機関などでは、審査を落ちてしまうとそれで終わりですが、生活サポート基金の場合は生活を立て直すということを真剣に考えてくれているので、連携先への紹介やアドバイスなどその後のサポートもしてくれます。
 
参考:生活再生ローンのご案内|一般社団法人 生活サポート基金
 
 

くらしと家計の相談室を活用してお金を借りる

収入が少ないので生活に困っている時はキャッシング等でお金を借りて対応するのが一般的ですが、最近ではお金の相談から貸付まで行っている「くらしと家計の相談室」を活用する人も増えてきています。
 
キャッシングをする時は審査で収入面をしっかり確認します。その影響で収入が減少してしまうと審査が否決になってお金を借りる事が出来ないケースも出てきてしまいます。しかし、くらしと家計の相談室を活用すれば収入が減少した時でもしっかり支援してくれるので生活を立て直す事が出来ます。お金を借りる必要が出てくる時は収入が減少しているのが原因になっている事もあるのでくらしと家計の相談室を活用した方がいいと感じている人も多いようです。
 
くらしと家計の相談室で家計再生支援貸付としてお金を借りる場合は、金利が9%で設定されているので加算される利息も少なくなります。返済する時の負担が軽減されるので安心してお金を借りる事が出来ます。
 
キャッシングをしてお金を借りることはイメージが悪いので肩身の狭い思いをしてしまう人も多いでしょう。しかし、くらしと家計の相談室を活用する場合は支援を受ける形になるのでイメージも悪くなりません。お金を借りる時の気分的な部分でもこのようなサポートを受けることは有効な手段と言えます。
 
参考:生活クラブ|くらしと家計の相談室(千葉)
 
 

グリーンコープの生活再生貸付でお金を借りる

グリーンコープは西日本で店舗を展開し、食材や商品の宅配から福祉事業まで、幅広く活動を行う生協(生活協同組合連合会)です。
 
グリーンコープでは生活再生支援活動を行っており、生活相談員との面談による無料相談や、必要に応じて生活再生貸付としてお金を借りることができます。
 
グリーンコープの生活再生貸付はあくまで生活再建を目的とした貸付ですが、一般的なカードローンの審査基準と異なり、返済能力に重点を置いた審査を行っています。従って過去の取引履歴に関係なく審査が行われるため、金融機関の審査に自信がない方でも安心です。
 
 

実質年率限度額返済期間
9.5%150万円まで最長5年(60回)
 
参考:グリーンコープ生協 生活再生相談室
 
 

警察でお金を借りる

外出先で財布を無くしてしまったなどの緊急時に警察でお金を借りることが出来るのを知っていますか?思わぬ時に手元のお金が無くなることは誰にでもありえることです。その時にまわりに頼れる人もおらず、連絡をとれる手段もない状況になってしまった場合の為に頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。
 
警察からお金を借りると言いましたが、正式には「公衆接遇弁償費」というものです。1968年に始まったものですが、それ以前は警察官が自腹を切ってお金を渡していたこともあるようです。
 
ただし、「公衆接遇弁償費」は、あくまで応急処置的なもので上限は1,000円となっています。ですから、生活費が足りないとか返済するお金が無いなどの金銭的な問題を解決できるものではないということは理解しておいて下さい。また、簡単に借りることが出来るからと言ってお金を返さないというようなことはせずに、お金を借りた時には感謝の気持ちを持って出来る限り早急に返済しましょう。
 
ちなみに全国どこの警察署や交番でもこの制度が利用出来るわけではありません。しかし、向かった警察で制度が利用できずにお金を借りることが出来なくても困った状況を説明すれば何らかの解決策を提案してくれる可能性はあるので、困った時に警察に向かってみるということは間違ったことではないでしょう。
 
 

葬儀ローンでお金を借りる

親族に不幸があったときに必要となるのが葬儀費用。生前から葬儀費用を準備される方もいらっしゃいますが、費用が足りない場合は葬儀ローンでお金を借りる人も多いです。
 
最近は小規模で行う家族葬プランなども増えてきましたが、それでも平均50万円程度は掛かってしまいます。葬儀費用は葬儀終了後に現金一括で支払うのが一般的。そこで頼りになるのが葬儀ローンです。
 
 

葬儀会社のローンを利用する

葬儀会社から直接お金を借りるのではなく、提携先の信販会社から借りることになります。
 
金利はやや高めですが、葬儀会社の提携先なのでローンが組みやすく、申込み手続きもスムーズに行えます。
 

社名実質年率支払期間
イオンプロダクトファイナンス9.2%最大7年(84回)まで
オリコWEBクレジット10.0%最大36回
 

金融機関のフリーローンを利用する

銀行などの金融機関が取り扱うフリーローンでも葬儀費用を借りることができます。
 
金融機関のフリーローンは、葬儀会社の提携ローンに比べて金利が安いというメリットがあります。しかし、デメリットとして利用条件が厳しいことや、審査にやや時間が掛かることが挙げられます。
 

商品名実質年率
三井住友銀行フリーローン実質年率 5.975%
(変動金利型)
東京信用金庫フリーローン2.95% 、5.00% 、7.00% 、10.00% 、
14.00% のいずれか(固定金利型)
 
 

会社からお金を借りる

「従業員貸付制度」という言葉を聞いたことがありますか?実は、いま勤めている会社からお金を借りることが出来る制度のことを言います。勤めている会社によってこのような融資を行っていない会社もありますが、もしも自分が勤めている会社で利用可能なのであれば金利が1%〜5%くらいなのでカードローン等よりも低い金利でお金を借りることが可能です。
 

会社からお金を借りるというと「給料の前借りなのでは?」と勘違いされやすいですが「従業員貸付制度」は、お金で困っている自社の社員を会社が助けるといった意味合いの融資です。勤務している会社からお金を借りるのですから融資の目的としては、冠婚葬祭や医療費などちゃんとした理由でお金を借りる必要があるでしょう。融資限度額は、会社によって違いますが30万〜50万円程度だと言われています。
 

カードローンなどと比べると、勤続年数によって融資が優遇されたり、返済が給料日まで待ってもらえるなど会社の融資ならではの利用のしやすさがあります。ただし、勤務している会社からお金を借りているので返済に遅延・延滞がないように十分に注意しましょう。
 

※勤務先によって、融資条件も違いますので希望する場合は会社に確認して下さい。
 
 

お金借りるとき審査に通らない理由

いざキャッシングの利用をしようと思った時に、自信を持っていた審査に通過できなかったという事もありえます。しかし、そんな通らなかった審査について金融業者は事細かく理由を説明してもくれません。つまり、何の知識もない状況では、何故借入れが出来なかったのか理解に苦しむことになります。
 
 

審査で重視されるポイント

キャッシングの審査基準のなかで下記のようなことが重視されるポイントだと言われています。現在の自分がキャッシングの審査に有利なのか不利なのかチェックして、改善できる部分があれば努力してみましょう。
 

有利な人 不利な人
仕事 大手企業の正社員 無職や短期バイト
年収 500万以上 200万以下
勤続年数 10年以上 数か月
住居形態 実家や持ち家 賃貸アパート
家族構成 家族同居 1人暮らし
取引実績 数回 はじめて
他社借入数 0件 5件以上

 

住居形態は持ち家が有利

生活の面では、住居形態に注目してみましょう。賃貸ではなく持ち家でさらに家族と共に過ごしている人の方が有利と言われています。逆に賃貸アパートに一人暮らしをしているような人は、不利と言われています。一人暮らしでの生活は不安定と思われ、もしも返済困難に陥った場合、逃げられるリスクがあると思われることがあるからです。
 

過去の取引実績は審査に影響する?

最後に取引実績について、いままでキャッシングした実績があるというと不利になるのではないかと思ってはいませんか?じつは、過去にキャッシングの利用があっても返済遅延等がなくキッチリ返済が完了していれば良い実績として考えられるのです。ただし、現在借入れ件数が多い場合は返済不能に陥りやすいと考えられ不利となります。借入れ件数が膨れ上がるような無計画な借入れは避けましょう。
 
 

フリーターでもお金を借りるには

お金を借りる時の審査で一番大切な収入源である仕事については、基本的にフリーターよりも安定している職業についている方が有利と言えるでしょう。自分が見知らぬ人にお金を貸す場合、大手企業に長年勤務している人物と、低収入で勤続年数の浅いフリーターの人物ならどちらに貸しますか?返済してくれる可能性が高い前者ではないでしょうか。キャッシングを行っている金融業者も同じ目線で人を見ています。短期バイトやフリーターで生計を立てている方にいますぐ会社に就職して下さいなどと言うわけではないですが、審査の際に自分がどんな目線で見られているかを意識してみましょう。
 
フリーターでお金を借りるにはのページへフリーターでもお金を借りるには
 
 

学生がお金借りるなら重要なこと

フリーターと同じように審査の時に収入が安定していないと思われるのが学生です。若い頃は遊ぶにも勉強をするにもお金が必要です。しかし、学生がカードローンでお金を借りる時に審査されるのは、どれだけ意味のある目的でお金を利用するかということではなく、きっちりとお金を返してくれる信用できる顧客かどうかという目線で審査が行われます。学生時代はなかなかお金を稼ぐことが難しいものですが、定期的なアルバイトなどでどのように返済していけるのかが重要になってくるでしょう。
 

学生がお金借りる為に気を付けたいことのページへ学生がお金借りる為に気を付けたいこと
 
 

ブラックでもお金を借りることはできる?

カードローンにおけるブラックとは、個人信用情報機関に事故情報の記録が載ってしまうことを言います。個人信用情報機関とは、クレジットカード会社や消費者金融、そのほかにも分割払いの契約時などでも共有されている、個人の返済能力に関する情報となっています。
 
クレジットカードやカードローン、分割払いなどで度重なる支払いの延滞や長期間にわたる延滞などが生じると、この個人信用情報機関に事故情報の記録が載ってしまいます。このいわゆるブラックと呼ばれる状態になってしまうと、新しくクレジットカードやカードローンを契約することが難しくなってしまいます。
 
また、すでに契約しているクレジットカードやカードローンについても、最悪の場合、利用停止や一度に返済を請求されることもあり得ます。一般的にこのブラックと呼ばれる信用情報機関に記載される情報が消えるのは完済日から約5年と言われています。一度ブラックに載ってしまうと約5年間は新しくカードを契約できなかったり、お金を借りたりすることが難しい状況になるということになります。
 
ブラックに載らないためには支払期日をきちんと毎月守り、万一支払いや引き落としの手続きに遅れが生じてしまった場合にもすぐに返済の手続きを行い、長期の延滞が必ず生じないようにすることが重要です。
 
 

無職でお金借りることは可能?

カードローンの審査では、安定した収入があることが基本になります。ですから、無職で収入がないという方は、まず審査を通過することが難しいと言えます。
 
無職と言っても色々な方がいると思います。ニートで現在無職の方や、現在失業中で就業予定が決まってない方などこれから仕事をやる気があろうがなかろうがカードローンでお金を借りることは不可能です。
 
でも「無職だからこそお金が無い!」というのが本音ですよね。そんな時はカードローンに頼らない方法を考えましょう。まず、クレジットカードを持っているならキャッシング枠を利用するという方法もあります。しかし、この場合は金利も高いですし出来るだけ次の仕事が決まっている時にしかおすすめできません。
 
次の仕事やこの先の収入に見込みの無い方は、親や知人など周りの方からお金を借りれるか確認しましょう。自分の事情を理解してくれて一時的にでもお金を貸してくれる方が周りにいるのならそれが一番です。それが難しいというのであれば、自分がいま持っているものをフリマアプリやオークションサイトで売ってお金にならないか努力してみましょう。
 
お金が無くて人生のどん底というような時には、「無職でも借り入れ可能」なんてうまい話が目に入ったりもしますが闇金の可能性があります。くれぐれも注意して下さい。
 
 

母子家庭でもお金を借りれる?

母子家庭でもお金を借りることは可能なのでしょうか?結婚をして、旦那さんに十分な収入があればお金を借りる必要はないでしょうし、収入が低くても夫婦共働きの家庭でも夫婦でしっかりと収入を得られれば子供を養っていくお金を捻出することはできるでしょう。しかし、世の中には離婚や死別など様々な事情で母子家庭になってしまう家庭もあります。
 

そんな母子家庭で急に子供を養って育てなければならなくなったお母さんでお金に不自由していないと言い切れる方は少ないと思います。家事をしながらの勤務で働く時間が限られるのにお金が無いというお母さんは多くいます。そんな生活も厳しくお金が無い母子家庭の場合でもお金を借りる方法はあります。⇒母子家庭がお金借りる
 
 

年金受給者がお金を借りる方法とは

年金受給をされている方でもお金を借りたいと思う時はあるでしょう。でも年金を安定した収入と判断してカードローンでお金を借りることは難しいです。年金受給以外に収入がある場合は別ですが、消費者金融や銀行カードローンなどの多くでは年金需給をしていることだけを理由に収入があると認めてないのでお金を借りることは出来ません。
 
理由の一つに年齢的なこともあります。現在「国民年金」と「厚生年金」の2種類ある公的年金が受給できるのは65歳からとなっています。年金受給者ということは、65歳以上の高齢ということもあり、怪我や病気などの心配も多くなる為、積極的にお金を貸してくれないということもあります。実際、大手消費者金融の年齢制限のほとんどが69歳までとなっています。
 
そもそも、WAM(独立行政法人福祉医療機構)と日本政策金融公庫の年金担保貸付事業以外のところで年金を担保として融資することは法律で禁じられています。「それならその年金担保貸付を利用してお金を借りよう。」と思われそうですが、その事業自体廃止の方向へと向かっているので、今後利用を考えている方は注意が必要です。
 
もし年金を担保にお金を借りれたとしても、平穏に余生を過ごす為にもらおうと思っていた年金を借金の返済に充てるというのは幸せな余生の足かせとなる可能性もありますので借りすぎには気を付けましょう。
 
 

お金を借りたら返済は確実に

お金を借りる方法に関係なく、お金を借りたら必ず行わなければならないのが返済です。返済を期日までに行えず遅れたり、滞ってしまうと信用を失うばかりか、借入先によっては追加で手数料が発生します。
 
毎月の返済額以上に費用が発生すると、返済計画に狂いが生じる原因になります。計画通りに返済を進めるためにも、スムーズな返済を心掛けましょう。
 
 

返済を遅延するとどうなる?

多少遅れても言い訳のできるような彼氏や彼女からお金を借りるのとは違いカードローンなどでお金を借りた時は、決められた期日までに必ず返済を行わなければなりません。もしも返済を遅延するとどのような事態になってしまうのか知っておきましょう。
 

遅延期間 業者からの対応
翌日から 遅延損害金の発生
数日 電話・ハガキでの連絡
数週間 自宅・勤務先への連絡
数か月 督促状送付
長期遅延 一括返済を求められる

※あくまで一般的な時間経過の流れです。詳しく知りたい方は、利用会社のHPなどで確認して下さい。
 

遅延損害金の発生

返済が滞っている原因が何であろうが返済が滞ると返済期日の次の日から「遅延損害金」が生じます。遅延損害金は、約20%という高い利息が遅延した日数分に掛けられる事になり、当然普通の返済金と一緒に払う事になります。
 

電話・ハガキでの連絡

遅延状況が続くと借入れ先の消費者金融等から本人に直接連絡が入ります。連絡に関しては、最初は利用者のスマホや固定電話に電話連絡もしくはハガキなどで通知が届くと言われています。しかし、返済をせずに音信不通の状況が継続すると勤務先に連絡が行く可能性もありますので、返済できない状況であったとしても連絡を無視するようなことはやめましょう。
 

更に遅延状況が進むと督促状が自宅に届いてしまう事になります。この段階になると、ブラックリスト入りしてしまってもおかしくありません。ブラックリスト入りしてしまった場合は、新規にクレジットカードを作ったり、お金を借りたりする事が5年はできなくなるので覚えておきましょう。
 

一括返済を求められることも

それでも返済金の捻出が出来ず、ずっと連絡に応えないでいると「悪意のある遅延」と判断され、今度は借金を一括で返す事を要求されてしまう可能性が高くなります。上記のような最悪な状況まで発展しないまでも、返済の遅れで発生してしまう遅延損害金の支払いは避けられません。遅延しないように注意して無駄なお金を払わなくていいようにしましょう。
 

返済が遅れないようにするには?

対策としては、「毎月○日に必ずお金を返す(給与日など)」「返済日を通知してくれるサービスを使う」「口座振替でお金を返すようにする」などの工夫をする事を推奨します。
 

そして、遅れないように対策を行っていても遅れそうだと思った時や返済が遅れてしまった場合には、必ず借入れ先に連絡を入れるように心掛けましょう。そうする事で、お金を返す意思がある事を伝える事が可能です。
 
返済の遅れを電話連絡をする人
 

返済を長引かせないのが賢い借り方

借りたお金の返済が長引くというのはもちろん気持ちがいい状況ではありません。金銭的なストレスというのは誰にでも辛いもので早く解放されたいと思うものです。お金を借りた方がどのくらいの期間お金を借りていたかというアンケートでは、ほぼ半数の方が返済に1年以上かかったという結果が出ました。
 
お金を借りた期間は?のアンケート
調査対象:お金を借りた経験のある方200人
 
数万円の借り入れなら「翌月の給料で返済できた。」ということにもなるでしょうが、金額が多くなってしまうとそうもいきません。そんな返済を早く終わらせることは実は簡単です。必要な借入れだけを行い、そのお金を計画的に返済すればいいのです。しかし、それが出来なかったから返済が長引いてるのでしょう。
 

返済が長引く人に多い傾向

よくあるのが、はじめは慎重にほんの数万円の気持ちでキャッシングを利用したら、思いのほか簡単に借りれたことなどから、ついつい追加でお金を借りてしまって返済が遅れてしまったというような方です。
 

キャッシングが利用できたことによって、お金を借りる前の緊迫した状況から解放された直後の気の緩んだ時に「どうせ借りるなら、もう少し借りても同じか。」と一番やってはいけないことが頭をよぎってしまいます。これは、お金を借りてその後に困った経験がない人は特に陥りやすい状況です。更に借入れたお金で何かを返すような自転車操業を繰り返しているようならばすぐに改善すべきでしょう。
 

早く返済するのためのコツ

現時点で借入れているお金を1日でも早く返済したいと思うのであれば、月々の返済金を少しでも多く返済していくしかありません。毎日の生活費を少しでも節約したり、家にある余分なものをフリマアプリで売るなどしてお金を用意しましょう。また、何が何でも返済するんだという気持ちも大切です。返済が遅れる方はプライドが高いことが多いです。見栄を張らずにプライドは捨てて完済することに集中しましょう。
 

ちなみに毎月の返済金が変わると、具体的に返済期間がどれくらい違うのか見てみましょう。
 

・金利18%で50万円の借り入れを毎月2万円ずつ返済すると⇒30回払い(2年6ヶ月)
・金利18%で50万円の借り入れを毎月3万円ずつ返済すると⇒19回払い(1年7ヶ月)
・金利18%で50万円の借り入れを毎月5万円ずつ返済すると⇒11回払い(11ヶ月)

 

毎月少しでも多く返済することによって返済期間が短縮されるのがわかります。気持ちを引き締めて自分が努力さえすれば返済を早めることは可能という方は返済計画を再度確認してみましょう。
 
返済が長引いてしまっている原因は自分にあるはずです。お金を借りた始まりから現在にいたるまで何が原因でこのような状態になったのかを冷静に見極めて新たな返済計画を立てましょう。特にお金の借り過ぎには十分に注意しましょう。
 

おまとめローンで毎月の返済額を抑える方法

借入れ件数が数件あって毎月最低返済額を返済するのが精一杯。返済額を上げるなんて無理という状況なのであれば「おまとめローン」を利用するという方法もあります。
 
おまとめローンは、数件ある借り入れを一件のカードローンにまとめることにより金利を低くすることができて、毎月の返済額も抑えることが可能になる方法です。
 

おまとめローンのメリット

おまとめローンの一番のメリットは、利用中のローンより低金利なローンに借り換えることで月々の返済額が減り、返済しやすくなることです。このメリットを最大限に生かすには、なるべく低金利なローンにまとめることが鉄則になるため、新たな借入れ先の金利が今よりどれくらい低くなるのかがポイントになります。
 
また、おまとめローンには借入先がひとつになることで借入残高が把握しやすくなり、返済計画が立てやすくなるメリットもあります。借入先が複数あると返済日がそれぞれ違ったり、利用できるATMが違うなど管理が難しくなりがちですが、おまとめローンを利用することですべて統一することができます。
 

おまとめローンのデメリット

上手に使えばメリットが大きいおまとめローンですが、金利の高いおまとめローンを選ぶとそれほど返済額に差がないことがあります。
 
また、低金利なローンを選んでも、返済期間が長期化すれば支払う金利が増えてしまい、トータルで考えると返済額が増えてしまうケースもあります。このような失敗をしないためには、しっかりと計画を立てておまとめローンを選ぶことです。
 

  • 適用される金利はいくらなのか
  • 毎月の返済額はいくらになるのか
  • 返済総額はどれくらい減るのか
  • おまとめ後に追加で借入は可能か

 
上記のポイントを確認し、現状よりどれくらいメリットが大きいかを十分に確認してから利用するようにしましょう。
 
 

よくある質問 Q&A

いくらまで借りることができますか?

「10万円借りたい!」や「100万円借りたい!」と思っていても、カードローンで借りることの出来る借り入れ額の上限は審査で決められます。審査は収入がいくらあるのかという点が重要視されます。ニートや無職など無収入の働いていない方は審査を通ることが困難です。収入額や他社借り入れ件数などに応じて無理のない返済が行える範囲で借り入れ上限が決められることとなります。
 

必要書類は何が必要ですか?

カードローンの必要書類としては、運転免許証/パスポート/健康保険証/マイナンバーカード等の身分証明書(本人確認書類)が必要です。借り入れ金額が50万円を超える場合は「収入証明書」の提出を求められる場合があります。(他人名義ではなく必ず本人名義のものが必要です。)
 

勤務先への在籍確認はありますか?

在籍確認の為に会社や勤務先に電話で連絡があります。(社名や用件は本人以外に話されません。)連絡をされたくないからといって嘘の連絡先を申告することはトラブルになるので避けましょう。
 

自動車ローンを組んでいたら審査は通らない?

自動車ローンは、年収の3分の1以上の借り入れが制限される総量規制の対象外となるので、自動車ローンを組んでいてもカードローンは利用できます。自動車ローンだけではなく、住宅ローンや事業者ローン、担保のあるローンも総量規制の対象外となる為、ローンを組んでいるだけで審査を落とされるということはありません。
 

審査時にやってはいけない事とは何ですか?

絶対やってはいけないことは嘘の申告です。職種が学生やパートなのに契約社員だと申告したり、複数借入れがあって多重債務に陥っているのに借り入れが無いなどと嘘をついてはいけません。どのようなカードローンでも嘘をついて審査が通るほど審査が甘いということはありません。正直に自分の現状を伝えましょう。
 

アコム 初回30日無利息で即日融資もOK!

アコムの公式サイトへ

◎実質年率 3.0%~18.0%
◎限度額  1~800万円
◎審査時間 最短30分
◎融資時間 最短1時間

今すぐお金を借りたい!そんなスピード重視の方は、アコムがおすすめ!WEB申込みで来店不要の即日融資も可能です。

アコム公式サイトへ