今すぐお金借りるなら


今すぐお金借りるなら要チェック|キャッシングテキスト
今日借りたい方に即日融資対応の
キャッシング・カードローンを紹介

お金借りる前に考えておくべきこと

お金借りる前に
お金を借りなあかん状況というのは急に訪れるもんどす。 そんな緊急時やからこそ落ち着いた冷静な判断をせんといけまへん。

まず、借りる前に本当に今の自分にキャッシングが必要なのか慎重に考えた方がいいどすえ。 普段浪費の多い生活を行っているようなら、それを我慢することで借りなくてもいいかもしれまへんし、 知人や家族から借りれるなら利息を支払うことなくお金を借りることも出来ますしなぁ。

それでもお金を借りる必要があるんやったら、自分の収入に適した返済プランをしっかりと立てて無理のない借入れを考えましょう。 返済プランを立てるポイントとして次のようなものが挙げられます。

矢印 【即日融資で借りる】
即日融資は、その日のうちにお金を借りれる便利なサービスどす。 いますぐにお金が必要な時は即日融資を利用するのが一番どす。
《注意点》
即日融資を希望する際は、申込み時間に気を付ける必要がおます。 前日のうちに申込みの方法を確認して午前中には申込みを済ますというのがええでしょう。

矢印 【無利息期間を利用する】
短期間で返済できるという計画を立てれるなら無利息期間を利用しましょう。 期間内に返済することで利息分の支払いを浮かすことが出来ます。
《注意点》
無利息は、期間の長さや対象となる借入額など利用する借入れによって違いがおます。自分の利用に合ったものを探しましょう。

矢印 【低い金利で借りたい】
出来るだけ低い金利で借りたいと思ってるなら、 消費者金融より金利の低い銀行カードローンでお金を借りましょう。
《注意点》
金利が低いからと安心して長期利用すると、返済額が膨らむ可能性がおます。 しっかりとした返済計画を立てて最短の期間で返済できるように心掛けましょう。

自分が借り入れの際にどんなサービスを求めるべきなのかよく考えて、 初めに自分の描いた計画通りにお金を借りることが重要どす。

どんな時にお金を借りる?

出費が重なり 飲み会の誘い
不幸に見舞われ こんな時にキャッシング
ピンチを切り抜けた
こんな時に役立つ
キャッシングのストロングポイントは、困った時にすぐにお金を借りることが出来るところ。 給料日前の予測不能な出費にも役立てることが出来ます。 次の給料で返済できる程度の借り入れなら、給料日に返済することで無利息期間内に返済なんてことも可能ですね。

ただし、すぐに借りれるということがウイークポイントにもなりえます。 一度借りてしまうと、誰にも気遣うことなく利用することが出来るので簡単に何度も利用してしまうのです。 計画的であれば問題はないのですが「お金を借りている」という自覚が薄まっていくと問題です。 キャッシングをする際には気を付けたいですね。

ポイント
早朝深夜など時間を選ばず、土日祝でも自身の口座に24時間最短10秒でお振込みするサービス「瞬フリ(※)」。 手数料0円でスマホや店頭窓口から気軽に申込みが出来ます。

提携ATM手数料無料や一定期間無利息などに使えるうれしいポイントサービスや、 ショッピング・食事等・旅行などで優待サービスを受けることが出来る「おとくらぶ」など幅広いサービスが充実。

※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能


商品概要
おすすめ 審査時間は最短30分
おすすめ 30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
おすすめ 土日祝でも振込可能
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録が必要
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
もっと詳しく 公式サイト

【ネット申込みの特徴】
すべての申込み手続きをウェブ上で完結できるのがうれしい。 必要書類は画像化して、Eメール、スマホアプリなどから提出。 申込み時に「カード郵送希望なし」を選択すれば郵送物なしで契約完了。

ポイント
モビットは、カードローン利用者の高い評価を得て、2016年ノンバンクカードローン顧客満足度第1位(※)を獲得しました。 公式スマホアプリは、必要書類の送付や利用状況の確認が簡単に出来るので大変便利です。 今日借りたいというようなお急ぎの方でもWEB完結申込みや即日融資に対応しているので安心です。

※2016年オリコン日本顧客満足度ランキング(ノンバンクカードローン)


商品概要
おすすめ 安心と信頼の三井住友銀行グループ
おすすめ 10秒で簡易審査結果表示
おすすめ 公式スマホアプリが便利
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 10秒で簡易審査結果表示
融資時間 最短即日※1
もっと詳しく 公式サイト

※1:14:50までに振込手続きを完了することで、当日融資が可能です。審査結果次第では希望に沿えない場合があります。

【ネット申込みの特徴】
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方で、 全国健康保険証協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちであれば、 ネットやメールのみで手続き可能なWEB完結申込が利用できます。平日9:00〜14:50までに手続き完了で、 最短3分でお持ちの口座へお振込可能です。

お金を借りるときの注意点

お金を借りるときの注意点
キャッシングは予期しない急な出費や予想以上にお金が必要になった時などに 素早く使える大変便利なサービスどす。 申込み方法にはいくつかありますが、スマートフォンやパソコンを使って ウェブ上から申込みをすることでプライバシーを守ることができます。 金利はお金を借りた日数分だけ発生する日割り計算なんで無駄がありまへん。

そやけども手軽で簡単に利用できるだけに、 自己管理をしっかりせな借り過ぎて返済に困ってしまう事もおます。 お金を借りるときは「何にいくら利用するのか」という利用目的をしっかりと決めて、 必要な金額以外のお金を借りないことが重要どす。

失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント
キャッシングで失敗しないために、おえておきたいポイントがあります。 キャッシング各社には様々なサービスがあるので 自分の利用目的に合ったサービスを選ぶことが失敗せんコツどす。 金利や限度額などはもちろん、現在実施中のサービスが自分に有効か? 対応しているATMなどが自分が利用しやすいか?なども確認した方がいいどすな。 まずは、以下の項目をチェックしてみましょう。

1:【必要な金額はいくらなのか】
自分が必要としているお金は、最低いくらなのかよく考えましょう。 その必要最低限の借入れだけを行ない早期返済をするということがキャッシングの上手な使い方どす。 「どうせ借りるなら余分に借りておこう。」などと言う考えは、返済が遅れるキッカケとなる行為で厳禁どす。 ちなみに無利息期間のある商品なら期間内返済することで金利が掛からないのでお得どすえ。

2:【金利はいくらかかるのか】
金利の表記は「5%〜18%」というように表記されています。 このような時に初めて利用する自分が5%という低金利で利用できる可能性があるかもと 考える人もいるでしょうが、初めて借りるときに一番低い金利が適用されることはまずありまへん。 一番高い上限金利で計算しておくと、後から「予想していたより金利が高い」ということがなく安心どす。

3:【お金がいつ必要なのか】
キャッシングを初めて利用する時に「今日中にお金が必要なのにどのくらい時間がかかるのだろう。」と 不安に思う人も多いでしょう。しかし、申込みから借入れまでの時間は以前に比べて格段に短くなっており、 最短即日というキャッシングも増えています。 そやけども、即日融資を可能にするには、「14時までに手続きが完了した場合」というような条件があります。 指定された時間内に申込み手続きが完了していなければ即日融資が利用できまへん。 そのため「どうしても今日中にお金が必要」という場合にはあらかじめ即日融資の条件を確認しておき、 条件の時間に間に合うように早めに行動し、時間内に手続きを完了させることが必要どす。

お金借りるならどっちがお得?

どの消費者金融でお金を借りるか悩んだ時に比較することでどのような差があるのか確認することが出来ます。そこで、金融業者の中でも利用者の多いプロミスとアコムを比較してわかったことを紹介します。両社共に大手消費者金融ならではのメリットが多い業者で即日融資対応はもちろん申込み方法も多く用意されています。実際にお金を借りるならどちらがお得なのか見ていきましょう。

プロミス アコム 
最高金利 17.8% 18.0%
提携ATM ○ ○
サービス ◎ ○

まずは金利の比較です。プロミスが4.5〜17.8%、アコムが3.0〜18.0%という金利になっています。金利を見る時に安く借りたいからと下限金利を見る方が多いですが、注目すべきは上限金利の方で多くの方がそちらに近い金利で借りることになります。今回の比較の場合、プロミスが17.8%、アコムが18.0%の設定なので、上限金利ではプロミスが0.2%と低く設定されて います。借入額が多い場合は、この僅かな0.2%の差が影響してくるのでプロミスの方がお得だと言えるでしょう。

また、プロミスとアコムでは初めての利用の方に30日無利息サービスが用意されています。一見同じように見えますが、開始日に違いがあります。プロミスは借入日の翌日から30日、アコムは契約日の翌日から30日と条件が違うのです。その為、アコムは契約後すぐに借入れをしないと無利息の日数が減っていってしまいます。「契約してもお金を借りるのは数日後の予定。」という方は、借入日の翌日から無利息が始まるプロミスを利用するといいでしょう。

提携ATMの利便性
プロミス、アコムともにパソコンやスマホから申込める振込融資を行っていますが、ATMで出入金をする際には普段自分が利用する会社や家の近くに提携の銀行やATMがあった方が便利でしょう。自分が利用しにくい場所でしかお金を引き出せないとなると、いま借りたいと思っても借りるまでに時間がかかってしまいます。

両社の利用できる提携ATMを比較してみると、プロミス・アコムともにATMの設置率や、 提携している銀行の数は他社に比べて圧倒的に多いことがわかります。そんな中でも特徴をあげると、プロミスは各地域の郵便局などに設置されている、ゆうちょ銀行のATMでも取引が可能であるのに対し、 アコムは大型ショッピングモールのイオンなどに設置されているイオン銀行のATMが利用可能となっている点です。 自分がよく利用する場所でどちらが利用しやすいか選ぶといいでしょう。

キャッシングの会員向けサービス
今回の比較だけではなく大手消費者金融の中でも会員向けのサービスが充実しているのがプロミスです。プロミスは利用者向けに「おとくらぶ」というサービスを提供しており、これを利用すれば提携先のレジャー施設やグルメスポットなど様々な施設で優待が受けられるというものです。例をあげると、宿泊施設やテーマパークの入場料などが割引価格で利用できます。プロミスでお金を借りるならぜひ利用したいサービスです。

その他にも、会員向けサイトを利用したり、返済日お知らせメールの受信などで貯まるポイントを無利息サービスや提携ATM手数料一定期間無料などに使うことができるなどお得なサービスが豊富に用意されているのはうれしいところです。

どこでお金借りるのがいいのか考える

お金に困った場合、自分がどのような手段でお金を借りるのか選択しなければなりません。自分に適したお金の借り方は何なのか、どのような点に注目して選択すればいいのか比較するポイントを見ていきましょう。
  • 返済に長期間かかるなら金利の低さ
  • 今日借りたいなら即日融資に対応
  • 短期の返済が可能なら無利息期間あり
基本的には上記のようなポイントを確認することが必要です。お金を借りる前に入念な計画を立てて、自分がどのような借入れをすべきかよく考えましょう。

次に消費者金融、銀行カードローン、生活福祉資金の3つの借り方を例に比較してみます。
   
消費者金融 銀行カードローン 生活福祉資金
低金利 △ ○ ◎
即日融資 ○ △ ×
無利息期間 ○ △ ×

「今日お金を借りたい!」というような急いでいる方で返済はすぐにでもできるというような短期借入れ型の方にオススメなのは、消費者金融です。 テレビCMで目にするような大手消費者金融では、即日審査やWEB完結サービスなど即日融資に対応したスピーディーなサービスを提供しています。また、短期間の借入れなら、利息がかからない無利息期間も設けているところが多いので利息の支払いナシで借りることも可能です。

そんな消費者金融を選択する方は多いのですが、利用時にどうしても気になるのが返済が長引いた場合の金利です。金利面ではどうしても銀行カードローンや生活福祉資金よりも高金利となってしまい負担も増えてしまいます。

それならば低金利で利用できる銀行カードローンや生活福祉資金でお金を借りた方がお得なのでは?と考えがちですが低金利でお金を借りるということはそれ相応の信用が必要で審査も厳しくなることを考えに入れておかなければなりません。

お金を借りる時に気を付けなければならないのが総量規制です。総量規制とは、 お金の借り過ぎを防ぐ為の制度です。対象である貸金業者(消費者金融/クレジット会社/信販会社)で年収の3分の1を超える借り入れをすることが出来ません。 まとまったお金を借りる時に気になるのが総量規制です。総量規制とは、 借り過ぎを防ぐ為のもので対象である貸金業者(消費者金融/信販会社/クレジット会社)では年収の3分の1を超える借入れが出来ません。

しかし、銀行は貸金業者にはあてはまらず、銀行カードローンは総量規制対象外として扱われることになります。 つまり、銀行側がお金を貸す利用者に返済能力があると判断すれば年収の3分の1以上のお金を貸すことも可能なのです。 すでに総量規制に引っ掛かってしまっている方が更にお金を借りたい場合、消費者金融以外でしかお金を借りれません。
   
消費者金融 銀行カードローン 生活福祉資金
総量規制 対象 対象外 対象外

消費者金融の審査の時は、最低限「安定した収入」がなければなりません。 銀行カードローンの場合は、更に収入に関する審査が厳しいと言われています。 しかし、収入に不安のある状況でもお金を借りる方法はあります。

それは、都道府県社会福祉協議会が実施している生活福祉資金というものを利用する方法です。 低所得の世帯、障害者世帯、高齢者世帯などに対して行っている貸付制度で、 世帯に対して経済的な支援や援助といったような意味合いの強い貸付となります。普通のお金の借入れとは違うので審査はかなり厳しいと言われています。しかし、自分の条件が合い、審査通過すれば低所得の方でもお金を借りることが可能です。

自分が借りれる人になる為には

いざキャッシングの利用をしようと思った時に、 自信を持っていた審査に通過できなかったという事もありえます。 しかし、そんな通らなかった審査について金融業者は事細かく理由を説明してもくれません。つまり、何の知識もない状況では、何故借入れが出来なかったのか理解に苦しむことになります。

キャッシングの審査基準のなかで下記のようなことが重要だと言われています。 現在の自分がキャッシングの審査に有利なのか不利なのかチェックして、改善できる部分があれば努力してみましょう。
   
有利な人 不利な人
仕事 大手企業の正社員 無職や短期バイト
年収 500万以上 200万以下
勤続年数 10年以上 数か月
住居形態 実家や持ち家 賃貸アパート
家族構成 家族同居 1人暮らし
取引実績 数回 はじめて
他社借入数 0件 5件以上

一番大切な収入源である仕事については、基本的に安定している職業についている方が有利と言えるでしょう。 自分が見知らぬ人にお金を貸す場合、大手企業に長年勤務している人物と、低収入で勤続年数の浅いフリーターの人物ならどちらに貸しますか?返済してくれるの可能性が高い前者ではないでしょうか。キャッシングを行っている金融業者も同じ目線で人を見ています。 短期バイトやフリーターで生計を立てている方にいますぐ会社に就職して下さいなどと言うわけではないですが、審査の際に自分がどんな目線で見られているかを意識してみましょう。

生活の面では、住居形態に注目してみましょう。賃貸ではなく持ち家でさらに家族と共に過ごしている人の方が有利と言われています。逆に賃貸アパートに一人暮らししているような人は、不利と言われています。 一人暮らしでの生活は不安定と思われ、もしも返済困難に陥った場合、逃げられるリスクがあると思われることがあるからです。

最後に取引実績ついて、いままでキャッシングした実績があるというと不利になるのではないかと思ってはいませんか?じつは、過去にキャッシングの利用があっても 返済遅延等がなくキッチリ返済が完了していれば良い実績として考えられるのです。ただし、現在借入れ件数が多い場合は返済不能に陥りやすいと考えられ不利となります。借入れ件数が膨れ上がるような無計画な借入れは避けましょう。

はじめてお金借りる方のQ&A

質問 早く借りたい時はどうしたらいいの?

回答
手元にお金が無くて困る事態は誰にでも起こります。知人や家族に借りたり、持ち物を買取りに出すなどして自分で金策出来ればいいですが用意できない場合もあるでしょう。そんなどうしようもない状況になった場合は、どこかで借りる必要があります。そのような急を要する時は消費者金融での借り入れがオススメです。

基本的に消費者金融は、お金を借りたいと思っている人にできる限り前向きに融資を行うという企業姿勢を持っています。 ですから審査基準も同様のサービスを提供している、銀行カードローンに比べて審査が通りやすいということや、また審査スピードも非常に速いという特徴があります。

【消費者金融が優秀なところ】
  • 融資に対して前向きな企業姿勢
  • 銀行の融資より審査ハードルが低い
  • 審査が早くてスピィーディー
お金を借りる前には必ず審査を通過しなければならないので審査が速いということは、それだけ迅速にお金を借りることができるということになります。 ただ、最近では銀行カードローンも審査時間を極力短くしていこうと努力しているようです。

例えば、いますぐにというような急を要する状況ではなく、数日後にお金が必要だというような時間に余裕がある状況であれば、銀行カードローンで借入れできる可能性は高くなります。 消費者金融はスピィーディーに借入れができる分、金利は高い設定になっていますが、銀行カードローンは審査基準が厳しく時間もかかりますが、金利は低く設定されているため返済時の金利負担が楽であるといえます。

このように両者ともにそれぞれ一長一短の面があります。しかし、「今日お金が必要」というようなすぐにお金が必要な場合は消費者金融がオススメです。

質問 返済が遅れちゃったらどうなるの?

回答
お金を借りた際は、返済期日内に必ず返済を行わなければなりません。 万が一返済が遅れた場合はどのような事が起きるか念の為に知っておきましょう。

         
遅延期間
翌日から 遅延損害金の発生
数日 電話・ハガキでの連絡
数週間 自宅・勤務先への連絡
数か月 督促状送付
長期遅延 一括返済を求められる
※あくまで一般的な遅延の流れです。詳しくは、利用されているキャッシング会社で確認をお願いします。

うっかりや返済金が用意できないなど理由に関わらず、返済が遅れると返済日翌日から発生するのが遅延損害金です。遅延損害金は、おおよそ20%という高利率が遅れた日数分かけられることとなり、通常の返済と合わせて支払うこととなります。また、遅延の状況が数日続くと借入れ先の消費者金融等から本人に連絡が入ることになります。連絡に関しては、最初は利用者の携帯電話や自宅に電話もしくはハガキなどで通知が届くと言われていますが、 返済もなく、本人との連絡も取れないような状況が続くと勤務先に電話行く可能性がありますので、無視することなくきちんと対応しましょう。



更に遅延が進んだ次の段階では自宅に督促状が送られて来ることとなります。督促状が届くのは返済の遅延がおよそ数か月になった時と言われています。ここまで来るとブラックリストに載る可能性も高まります。載ってしまうと5年間は新たなキャッシングやクレジットカードの作成が不可能となるので注意しましょう。

それでも返済のお金の用意が出来ず、度々の連絡を無視し続けると悪質な遅延と判断され、今度は借り入れした分の返済を一括で返済するよう求められてしまいまいます。

上記のような最悪な状況まで発展しなくとも、返済の遅れからくる遅延損害金の支払いは避けられませんので、 無駄なお金を払わない為にも遅延に対する対策をしましょう。 対策として挙げられるのは、返済を口座振替にすることや返済日を知らせてくれるお知らせ機能を利用する、 給料日の翌日など毎月絶対に返済を行う日を決めておく等が考えられます。

遅れたらすぐに電話連絡

そして、これらの遅延対策を行っても万がいち返済が遅れたり、遅れそうだと思った時には、 必ず借入れ先に連絡することを忘れないようにしましょう。連絡をすることで、相手に返済の意思があることを示すことができます。

京都 【お金に関する関連ホームページ】

金融庁ホームページ

日本貸金業協会


©今すぐお金借りるなら要チェック
キャッシングテキスト