今すぐお金借りる

お金借りる前に考えておくべきこと

お金を借りなあかん状況というのは急に訪れるもんどす。そんな緊急時やからこそ落ち着いた冷静な判断をせんといけまへん。
 
まず、借りる前に本当に今の自分にキャッシングが必要なのか慎重に考えた方がいいどすえ。普段浪費の多い生活を行っているようなら、それを我慢することで借りなくてもいいかもしれまへんし、知人や家族から借りれるなら利息を支払うことなくお金を借りることも出来ますしなぁ。
 
それでもお金を借りる必要があるんやったら、自分の収入に適した返済プランをしっかりと立てて無理のない借入れを考えましょう。返済プランを立てるポイントとして次のようなものが挙げられます。
 

矢印【即日融資で借りる】
即日融資は、その日のうちにお金を借りれる便利なサービスどす。いますぐにお金が必要な時は即日融資を利用するのが一番どす。
《注意点》
即日融資には事前準備が必要どす。特に申込み時間に気を付ける必要がおます。前日のうちに申込みの方法を確認して午前中には申込みを済ますというのがええでしょう。
 
矢印【無利息期間を利用する】
短期間で返済できるという計画を立てれるなら無利息サービスをチェックしましょう。期間内に返済することで利息分の支払いを浮かすことが出来ます。
《注意点》
無利息は、期間の長さや対象となる借入額など利用する借入れによって違いがおます。自分の利用に合ったものを探しましょう。
 
矢印【低い金利で借りたい】
出来るだけ低い金利で借りたいと思ってるなら、消費者金融より金利の低い銀行カードローンでお金を借りましょう。
《注意点》
金利に注目するならまず金利とは何か把握しておく必要があります。金利が低いからと安心して長期利用すると、返済額が膨らむ可能性がおます。しっかりとした返済計画を立てて最短の期間で返済できるように心掛けましょう。自分が借り入れの際にどんなサービスを求めるべきなのかよく考えて、初めに自分の描いた計画通りにお金を借りることが重要どす。

 
『即日融資・無利息・金利』という面でオススメなのが、大手消費者金融のなかでもバランスの良いサービスを提供しているプロミスどす。こちらもぜひ参考にして下さい。

どんな時にお金を借りる?

 出費が重なり飲み会の誘い
不幸に見舞われこんな時にキャッシング
ピンチを切り抜けた

 
こんな時に役立つ
キャッシングのストロングポイントは、困った時にすぐにお金を借りることが出来るところ。給料日前の予測不能な出費にも役立てることが出来ます。次の給料で返済できる程度の借り入れなら、給料日に返済することで無利息期間内に返済なんてことも可能ですね。
 
ただし、すぐに借りれるということがウイークポイントにもなりえます。一度借りてしまうと、誰にも気遣うことなく利用することが出来るので簡単に何度も利用してしまうのです。計画的であれば問題はないのですが「お金を借りている」という自覚が薄まっていくと問題です。キャッシングをする際には気を付けたいですね。
 

お金借りるならどっちを選択する?

プロミス
おすすめ審査時間は最短30分
おすすめ30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
おすすめ土日祝でも振込可能
※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録が必要
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
詳しい情報はコチラ
公式ページを見てみる

 

アコム
おすすめ最短30分のスピード審査
おすすめはじめてなら30日間無利息!
おすすめ公式アプリ「アコムナビ」が便利!
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
詳しい情報はコチラ
公式ページを見てみる

 

消費者金融でキャッシングをしようと思った時、比較してどこに差があるのかを知ることで自分がどこでお金を借りるべきかがわかります。
 
そこで、大手消費者金融の中でも有名なプロミスとアコムを比較してみましょう。両社共に大手消費者金融ならではのサービスを行っている業者で即日融資の対応はもちろんこと、スマホから簡単に申込みができるなど利用のしやすさも特徴の一つです。
 

プロミス アコム 
最高金利 17.8% 18.0%
提携ATM ○ ○
サービス ◎ ○

 

消費者金融の金利は利息制限法で上限20.0%と定められています。これ以上の金利で貸付することはできないようになっています。
 
アコムは3.0~18.0%、プロミスでは4.5%~17.8%で金利が設定されています。お金を借りる際、チェックしておきたいのが、この「最高金利」ですね。プロミスの方が0.2%低く設定されています。「0.2%だけならそんなに変わらないのでは?」と思いますが、借り入れ額が大きい場合、影響も大きくなります。もし多めに借り入れを検討している場合には、金利が低いプロミスでの借り入れの方がよいでしょう。
 
なお、アコムもプロミスも公式サイトで返済シミュレーションを用意しています。申し込み前に希望の借り入れ額を入力して、利用するイメージを付けておくことをおすすめします。
 

無利息期間とは「借入れから一定期間は支払利息が発生しない期間」を言います。無利息期間内に自分が借りたお金をキッチリ完済すれば、利息はかかりません。アコムとプロミスもこの無利息期間を設けており、どちらも「30日間」となっています。
 

期間は同じですが、「無利息期間」と認定されるタイミングがそれぞれ異なっていますので要注意です。アコムは契約日の翌日から30日で、プロミスは借入日の翌日から30日となっています。そのためアコムは契約してすぐにお金を借りないと無利息で利用できる日数が減ってしまいます。 「契約しても実際にお金を借りるのは数日後になる」という方は、借入日の翌日から30日という条件のプロミスがいいでしょう。なお、この30日間の無利息期間は「はじめて申込の方限定」となっています。この点も注意しましょう。
 

ATMの利便性
プロミス、アコムともに振込融資サービスをパソコンやスマホから簡単に申し込むことが出来ます。ATMで出入金をする際には、自分が日ごろ使っている銀行のATMから引き出せることが一番スピーディーに融資を受けることができます。逆に自分が利用しないような場所でしかお金が借りれないとかなり不便です。このあたりを考慮して、自身にとって利用しやすい方を選びましょう。
 
両社のカードが利用できる提携ATMを確認してみると、プロミス・アコムともにATMの設置率や、 提携している銀行の数は他社に比べると圧倒的に多いことがわかります。もちろん両者とも自社のATMは24時間手数料無料です。そんな中でも、プロミスは各地域の郵便局などに設置されている、ゆうちょ銀行のATMでの取引が可能です。自分がよく利用する場所でどちらが利用しやすいか選びましょう。
 

キャッシングの会員向けサービス
数多くある消費者金融の中でも特に会員向けのサービスが充実しているのがプロミスでしょう。
 
いい意味で消費者金融を利用しているとは思えないほどサービスが充実しています。まず、提携先のレジャー施設やグルメスポットなど様々な施設で優待を受けることのできる「おとくくらぶ」です。優待やクーポンなら利用したことがあると思った方もいるでしょう。しかし、このようなサービスを消費者金融で行っているのはプロミスだけではないでしょうか。プロミスを利用するならぜひ利用したいお得なサービスです。
その他にも、プロミスの各種サービスの利用で貯まったポイントを提携ATM手数料一定期間無料や無利息サービスなどに利用することが出来たりもします。
 
キャッシング利用の際にはこんなサービスもあります。詳しくはコチラ⇒キャッシング利用時の便利なサービス
 

お金借りる時の注意点とは

お金を借りるときの注意点
キャッシングは予期しない急な出費や予想以上にお金が必要になった時などに素早く使える大変便利なサービスどす。
 
必要な書類や申込みの流れなんかは、お金を借りる前に知っておくといいどすえ。スマートフォンやパソコンを使ってウェブ上から申込みをするとプライバシーを守ることができます。金利はお金を借りた日数分だけ発生する日割り計算なんで無駄がありまへん。
 
そやけども手軽で簡単に利用できるだけに、自己管理をしっかりせな借り過ぎて返済に困ってしまう事もおます。お金を借りるときは「何にいくら利用するのか」という利用目的をしっかりと決めて、必要な金額以外のお金を借りないことが重要どす。
 

失敗しないポイントを知る

失敗しないためのポイント
キャッシングを利用するときに重要なのは、「自分が何のためにお金を借りるのか?」を事前にはっきりさせておくことどす。そうすれば、目的に合わないキャッシングサービスを選んでしまって失敗することはありまへん。金利や限度額といった基本スペックは当然として、今どのようなキャンペーンが実施されているのか、どこのATMが対応しているのか等も確認しておきましょう。
 
お得なキャンペーンを逃してしまったらもったいないどすし、近くにあるATMでお金を借りることができないのであれば不便どす。ここからは具体的に、キャッシングを利用するときに確認しておきたい3つのポイントをお話しします。
 

【いくら必要なのか】
必要な金額だけを借りて、できるだけ早く返す。これがキャッシングを利用するときの鉄則どす。手元にあるお金が多いと人は安心するものどすが、必要以上にお金を借りてしまうとその分だけ返すのが難しくなります。借りる金額が多くなるとかかる金利も増え、返す期間も長くなってしまうためどす。無利息期間の制度があるキャッシングサービスを利用すれば、その期間内にお金を返すことで金利がかからなくなるためお得どす。もちろん、無利息といっても余分なお金を借りないに越したことはありまへん。
 

【金利はどれくらいかかるのか】
お金を借りるときにまず気になるのが、金利どす。「5%~18%」のように幅がある形で表記されているのが一般的どすが、初めてお金を借りる場合は一番低い5%の金利が適用されることはありまへん。借りる金額が多いほど、借りる人が信頼できるほど、金利は低くなります。初めてお金を借りるのであれば金額は少なめと考えられますし、キャッシングサービスの側からすればその人が本当にお金を返してくれるのか分からないため、金利が高くなってしまいます。予め一番高い金利を基準に返済額を計算しておけば、お金を返すときに「思っていたよりも返済額が多い」と慌てることはありまへん。
 

【いつまでにお金が必要か】
最近では申し込んだその日にお金が借りられるキャッシングサービスも増えており、キャッシングの審査や手続きに要する時間は驚くほど短くなっています。お金を借りる側からすればありがたいのですが、このような即日融資にはいくつかの条件がついています。多いのは「14時までに申し込み手続きが完了していること」といった時間制限どす。今日中にどうしてもお金が必要だと分かった場合、その時点から申し込んで即日融資が可能なキャッシングサービスがあるのかを急いで確認し、早めに手続きを行うようにしましょう。
 

どこでお金借りるのがベストなのか

お金に困った場合、自分がどのような手段でお金を借りるのか選択しなければなりません。自分に適したお金の借り方は何なのか、どのような点に注目して選択すればいいのか比較するポイントを見ていきましょう。

  • 長期間の返済なら金利の低さ
  • 今日借りたいなら即日融資
  • 短期間で返せるなら無利息期間

基本的には上記のようなポイントを確認することが必要です。お金を借りる前に入念な計画を立てて、自分がどのような借入れをすべきかよく考えましょう。次に消費者金融、銀行カードローン、生活福祉資金の3つの借り方を例に比較してみます。
 

消費者金融 銀行カードローン 生活福祉資金
低金利 △ ○ ◎
即日融資 ○ △ ×
無利息期間 ○ △ ×

 

「今日お金を借りたい!」というような急いでいる方で返済はすぐにでもできるというような短期借入れ型の方にオススメなのは、消費者金融です。テレビCMで目にするような大手消費者金融では、即日審査やWEB完結サービスなど即日融資に対応したスピーディーなサービスを提供しています。また、短期間の借入れなら、利息がかからない無利息期間も設けているところが多いので利息の支払いナシで借りることも可能です。
 
そんな消費者金融を選択する方は多いのですが、利用時にどうしても気になるのが返済が長引いた場合の金利です。金利面ではどうしても銀行カードローンや生活福祉資金よりも高金利となってしまい負担も増えてしまいます。それならば低金利で利用できる銀行カードローンや生活福祉資金でお金を借りた方がお得なのでは?と考えがちですが低金利でお金を借りるということはそれ相応の信用が必要で審査も厳しくなることを考えに入れておかなければなりません。
 

お金を借りる時に気を付けなければならないのが総量規制などキャッシングの知識を理解しておくことです。総量規制とは、お金の借り過ぎを防ぐ為の制度です。対象である貸金業者(消費者金融/クレジット会社/信販会社)で年収の3分の1を超える借り入れをすることが出来ません。
 
まとまったお金を借りる時に気になるのが総量規制です。総量規制とは、借り過ぎを防ぐ為のもので対象である貸金業者(消費者金融/信販会社/クレジット会社)では年収の3分の1を超える借入れが出来ません。
 
しかし、銀行は貸金業者にはあてはまらず、銀行カードローンは総量規制対象外として扱われることになります。つまり、銀行側がお金を貸す利用者に返済能力があると判断すれば年収の3分の1以上のお金を貸すことも可能なのです。すでに総量規制に引っ掛かってしまっている方が更にお金を借りたい場合、消費者金融以外でしかお金を借りれません。
 

消費者金融 銀行カードローン 生活福祉資金
総量規制 対象 対象外 対象外

 

消費者金融の審査の時は、最低限「安定した収入」がなければなりません。銀行カードローンの場合は、更に収入に関する審査が厳しいと言われています。しかし、収入に不安のある状況でもお金を借りる方法はあります。それは、都道府県社会福祉協議会が実施している生活福祉資金というものを利用する方法です。
 
低所得の世帯、障害者世帯、高齢者世帯などに対して行っている貸付制度で、世帯に対して経済的な支援や援助といったような意味合いの強い貸付となります。普通のお金の借入れとは違うので審査はかなり厳しいと言われています。しかし、自分の条件が合い、審査通過すれば低所得の方でもお金を借りることが可能です。
 

自分が借りれる人になる為には

いざキャッシングの利用をしようと思った時に、自信を持っていた本審査に通過できなかったという事もありえます。しかし、そんな通らなかった審査について金融業者は事細かく理由を説明してもくれません。つまり、何の知識もない状況では、何故借入れが出来なかったのか理解に苦しむことになります。
 
キャッシングの審査基準のなかで下記のようなことが重要だと言われています。現在の自分がキャッシングの審査に有利なのか不利なのかチェックして、改善できる部分があれば努力してみましょう。
 

有利な人 不利な人
仕事 大手企業の正社員 無職や短期バイト
年収 500万以上 200万以下
勤続年数 10年以上 数か月
住居形態 実家や持ち家 賃貸アパート
家族構成 家族同居 1人暮らし
取引実績 数回 はじめて
他社借入数 0件 5件以上

一番大切な収入源である仕事については、基本的に安定している職業についている方が有利と言えるでしょう。自分が見知らぬ人にお金を貸す場合、大手企業に長年勤務している人物と、低収入で勤続年数の浅いフリーターの人物ならどちらに貸しますか?返済してくれるの可能性が高い前者ではないでしょうか。キャッシングを行っている金融業者も同じ目線で人を見ています。短期バイトやフリーターで生計を立てている方にいますぐ会社に就職して下さいなどと言うわけではないですが、審査の際に自分がどんな目線で見られているかを意識してみましょう。
 
生活の面では、住居形態に注目してみましょう。賃貸ではなく持ち家でさらに家族と共に過ごしている人の方が有利と言われています。逆に賃貸アパートに一人暮らししているような人は、不利と言われています。一人暮らしでの生活は不安定と思われ、もしも返済困難に陥った場合、逃げられるリスクがあると思われることがあるからです。
 
最後に取引実績ついて、いままでキャッシングした実績があるというと不利になるのではないかと思ってはいませんか?じつは、過去にキャッシングの利用があっても返済遅延等がなくキッチリ返済が完了していれば良い実績として考えられるのです。ただし、現在借入れ件数が多い場合は返済不能に陥りやすいと考えられ不利となります。借入れ件数が膨れ上がるような無計画な借入れは避けましょう。
 

はじめてお金借りる方のQ&A

質問
早く借りたいならどこで借りたらいい?
回答

急にお金が必要になった!次の給料日までお金が持たない!など、今すぐにお金が欲しいという状況に陥ることは誰にでも起こり得ることです。しかし、どうしてもお金が用意できない時ってあります。そんな時の救世主となるのが消費者金融でしょう。
 
まず、消費者金融はお客様に可能な限り融資するという姿勢を持っています。また、銀行カードローンと比較して審査ハードルが低く、審査にかかる期間も比較的早いため即日キャッシングも可能です。無利息期間もありますし、保証人や保証会社の利用が不要なのも消費者金融の特徴です。
 

【消費者金融が利用しやすい理由】
・可能な限り融資するという姿勢がある
・融資の審査ハードルが低め
・融資の審査にかかる時間が短い
・保証人、保証会社の利用が不要

 

キャッシングには審査が必要です。それは銀行カードローンも消費者金融も同じです。しかし、消費者金融は審査にかかる時間がとてもスピーディーなのでほとんどが即日審査即日キャッシングが可能です。
 
また、消費者金融は銀行カードローンよりも審査ハードルが低く、審査が厳しい銀行カードローンは審査に落ちたけど消費者金融なら審査に通った、という人も実際に多いようです。銀行カードローンの場合、せっかく申し込みをしても審査に時間がかかる上に審査に落ちてしまい、時間と労力が無駄になるという事も考えられます。
 
さらに、多くの消費者金融では無利息期間を設けています。その期間は利用会社によって様々ですが、無利息期間中に返済できる見込みがあるなら無利息期間を利用した方がお得にお金を借りることができます。
 
このように、同じキャッシングでも銀行カードローンと消費者金融は特徴が異なります。よく比較検討し自分に合った方法でキャッシングしましょう。今すぐお金が必要!という場合には消費者金融の方がおすすめです。
 
質問
返済が遅れそうです。どうしたらいいですか?
回答
カードローンなどでお金を借りた時は、決められた期日までに必ず返済を行わなければなりません。もしも返済が滞ったとするとどのような事態になってしまうのか知っておきましょう。

遅延期間
翌日から 遅延損害金の発生
数日 電話・ハガキでの連絡
数週間 自宅・勤務先への連絡
数か月 督促状送付
長期遅延 一括返済を求められる

※あくまで一般的な時間経過の流れです。詳しく知りたい方は、利用会社のHPなどで確認して下さい。
返済が滞っている原因が何であろうが返済が滞ると返済期日の次の日から「遅延損害金」が生じます。遅延損害金は、約20%という高い利息が遅延した日数分に掛けられる事になり、当然普通の返済金と一緒に払う事になります。また、遅延状況が続くと借入れ先の消費者金融等から本人に直接連絡が入ります。連絡に関しては、最初は利用者のスマホや固定電話に電話連絡もしくはハガキなどで通知が届くと言われています。しかし、返済をせずに音信不通の状況が継続すると勤務先に連絡が行く可能性もありますので、返済できない状況であったとしても連絡を無視するようなことはやめましょう。
 
更に遅延状況が進むと督促状が自宅に届いてしまう事になります。この段階になると、ブラックリスト入りしてしまってもおかしくありません。ブラックリスト入りしてしまった場合は、新規にクレジットカードを作ったり、お金を借りたりする事が5年はできなくなるので覚えておきましょう。
 
それでも返済金の捻出が出来ず、ずっと連絡に応えないでいると「悪意のある遅延」と判断され、今度は借金を一括で返す事を要求されてしまう可能性が高くなります。上記のような最悪な状況まで発展しないまでも、返済の遅れで発生してしまう遅延損害金の支払いは避けられません。遅延しないように注意して無駄なお金を払わなくていいようにしましょう。
 
対策としては、「毎月○日に必ずお金を返す(給与日など)」「返済日を通知してくれるサービスを使う」「口座振替でお金を返すようにする」などの工夫をする事を推奨します。
 
遅れたら電話連絡をする
そして、遅れないように対策を行っていても遅れそうだと思った時や返済が遅れてしまった場合には、必ず借入れ先に連絡を入れるように心掛けましょう。そうする事で、お金を返す意思がある事を伝える事が可能です。